2017年 03月 10日 ( 4 )
朝歌3月10日
朝歌3月10日_c0169176_84517.jpg

am7:35

朝歌3月10日_c0169176_85931.jpg

やわらぎのあおぞらたかくひろがりて

朝歌3月10日_c0169176_854766.jpg

和含青空高天広大
by mteisi | 2017-03-10 08:06 | 朝歌
首_c0169176_82191.jpg

シュ くび・はじめ・きみ・もうす
象形
頭髪のある首の形。
by mteisi | 2017-03-10 08:04 | 語源で遊ぶ
萬葉集603
萬葉集603_c0169176_812634.jpg

倭道者 雲隱有 雖然 余振袖乎 無礼登母布奈
大和道は  雲隠りたり 然れども 吾が振る袖を 無禮しと思ふな
 右大宰帥大伴卿、兼任大納言、向京上道。此日馬駐水城顧望府家。于時送卿府吏之中有遨行女婦其字曰兒嶋也。於是娘子傷此易別嘆彼難會、拭涕自吟振袖之歌。

澤瀉久孝著「万葉集注釈」6より
by mteisi | 2017-03-10 08:01 | 萬葉集
孔子214
孔子214_c0169176_803784.jpg

廿二
子曰、南人有言、曰、人而無恆、不可以巫醫、善夫、不恆其徳、或承之羞、子曰、不占而已矣、
子の曰わく、南人、言えること有り。曰わく、人にして恆なくんば、以て巫醫をなすべからずと。善いかな。其の徳を恒にせざれば、或るいはこれに羞を承めん。子の曰わく、占わざるのみ。
先生がいわれた、「南方の人のことばに、『人として一定した心がないと巫の占いも医者の治療もうけられない。』とあるが、結構だね。」『その徳を一定にしなければ、いつも恥ずかしめを受ける。』[ということばについて]先生はいわれた、「占うまでもない[きまった]ことだよ。

廿三
子曰、君子和而不同、小人同而不和、
子の曰わく、君子は和して同ぜず、小人は同じて和せず。
先生がいわれた、「君子は人と調和するが雷同はしない。小人は雷同するが調和はしない。」
by mteisi | 2017-03-10 08:00 | 孔子