2017年 03月 20日 ( 4 )
朝歌3月20日
c0169176_882414.jpg

am6:30

c0169176_884723.jpg

くもあやしおおぞらわたりみればつき

c0169176_894930.jpg

雲彩妙韻見者有月
by mteisi | 2017-03-20 08:10 | 朝歌
c0169176_852092.jpg

セイ きる・おさえる・つくる
会意
未と刀とからなる。
未は枝葉の茂る木の形。
その枝葉を刀で切りそろえるを制という。
by mteisi | 2017-03-20 08:07 | 語源で遊ぶ
萬葉集613
c0169176_7581843.jpg

大伴坂上郎女月歌三首
獦高乃 高圓山乎 高弥鴨 出來月乃 遲將光
獦高の 高圓山を 高みかも 出で來る月の 遅く照るらむ
烏玉乃 夜霧立而 不清 照有月夜乃 見者悲紗
ぬばたまの 夜霧の立ちて おほほしく 照れる月夜の 見ればかなしも

澤瀉久孝著「万葉集注釈」6より
by mteisi | 2017-03-20 08:04 | 萬葉集
孔子223
c0169176_743661.jpg


或問子産、子曰、惠人也、問子西、曰、彼哉、彼哉、問管仲、曰、人也、奪伯氏駢邑三百、飯疏食、沒齒無怨言、

或るひと子産を問う。子の曰わく、惠人なり。子西を問う。曰わく、彼れをや、彼れをや。管仲を問う。曰わく、[この]人や、伯氏の駢邑三百を奪い、疏食を飯いて、齒を沒するまで怨言なし。

ある人が[鄭の]子産のことをたずねると、先生は「恵みの深い人です。」といわれた。[楚の]子西のことをたずねると、「あの人か、あの人か。(語るまでもない。)」といわれた。[斉の]管仲のことをたずねると、「この人は伯氏から三百の駢を取りあげたのだが、伯氏は粗末な飯をたべながら、生涯うらみごとをいわなかった[心服させたのですよ。]」といわれた。
by mteisi | 2017-03-20 07:57 | 孔子