2017年 08月 16日 ( 4 )
朝歌8月16日
朝歌8月16日_c0169176_7441470.jpg

am6:02

朝歌8月16日_c0169176_7442771.jpg

うすあおのきよげなるかなくもごろも

朝歌8月16日_c0169176_7442034.jpg

清青空也雲遊纒衣
by mteisi | 2017-08-16 07:46 | 朝歌
獄_c0169176_743085.jpg

ゴク ひとや・うったえる
言と犾からなる。
言は神に盟誓することば。
二犬の犾は犬牲として供するもので、
これによって神判が行われる。
by mteisi | 2017-08-16 07:43 | 語源で遊ぶ
萬葉集762
萬葉集762_c0169176_7415866.jpg

神樂浪之 思我津乃白水郎者 吾無二 潜者莫爲 浪雖不立
ささ浪の 志賀津の海人は 吾無しに 潜きはなせそ 浪立たずとも
大船尒 梶之母有奈牟 君无尒 潜爲八方 波雖不起
大船に楫しもあらなむ 君無しに 潜きせめやも 波立たずとも
 右二首泳白水郎

澤瀉久孝著「万葉集注釈」7より
by mteisi | 2017-08-16 07:42 | 萬葉集
詩経10
詩経10_c0169176_7405739.jpg

芣苢
采采芣苢 薄言采之  芣苢を采り采り 薄か言に之を采る
采采芣苢 薄言有之  芣苢を采り采り 薄か言に之を有つ
おおばこを摘んで取り ちょいと摘んで採る
おおばこを摘んで取り ちょいと摘んで持つ

采采芣苢 薄■(扌叕・と)之  芣苢を采り采り 薄か言に之をとる
采采芣苢 薄言採之  芣苢を采り采り 薄か言に之を有つ
おおばこを摘んでとる ちょいと摘んで採る
おおばこを摘んで採る ちょいと摘んで持つ

采采芣苢 薄言■(衤吉・つまど)  芣苢を采り采り 薄か言に之をつまどる
采采芣苢 薄言襭之  芣苢を采り采り 薄か言に之を襭(つまばさ)む
おおばこを摘んで取り ちょっと一ぱい裾にはさむ
おおばこを摘んで取り ちょっと一杯裾につつむ
by mteisi | 2017-08-16 07:41 | 詩経