2017年 08月 18日 ( 4 )
朝歌8月18日
朝歌8月18日_c0169176_7572767.jpg

am6:49

朝歌8月18日_c0169176_7573357.jpg

そらぬけてかたまりのくもどっかりと

朝歌8月18日_c0169176_7573759.jpg

青天澄空白雲堂然
by mteisi | 2017-08-18 07:59 | 朝歌
堂_c0169176_7503544.jpg

ドウ たかどの・おもてざしき
形声
声符は尚。
尚に黨(とう)棠(とう)の声がある。
尚は向(まど)に近いところに神を祀り、
かすかに神気のあらわれることをいう。
土は土壇。
土壇の上に築いた神を迎えて祀る建物を堂という。
by mteisi | 2017-08-18 07:56 | 語源で遊ぶ
萬葉集764
萬葉集764_c0169176_7423429.jpg

道邊之 草深由利乃 花咲尒 咲之柄二 妻常可云也
道の邊の 草深百合の 花笑みに 笑まししからに 妻と云うべしや
默然不有跡 事之名種尒 云言乎 聞知良久波 苛者有來
もだあらじと 言の慰に 云う事を 聞き知れらくは 苛くはありけり

澤瀉久孝著「万葉集注釈」7より
by mteisi | 2017-08-18 07:50 | 萬葉集
詩経12
詩経12_c0169176_7294459.jpg

𧄍𧄍錯薪 言刈其楚  𧄍𧄍たる錯薪は 言に其の楚を刈る
之子于歸 言秣其馬  之の子 于に帰らば 言に其の馬に秣かはむ
漢之廣矣 不可泳思  漢の広きは 泳ぐべからず 
江之永矣 不可方思  江の永きは 方(いかだ)すべからず
こんもり茂る藪林 そこで楚(いばら)を伐って取る
この娘が馬で帰るなら 馬にまぐさをやろうぞい
漢は広うて 泳いで行けぬ
江は長うて 筏で行けぬ
by mteisi | 2017-08-18 07:40 | 詩経