2017年 08月 24日 ( 4 )
朝歌8月24日
c0169176_7395237.jpg

am7:05

c0169176_740176.jpg

ふんわりとうくくもやわぎあきのかぜ

c0169176_740441.jpg

浮雲和顔風向秋韻
by mteisi | 2017-08-24 07:42 | 朝歌
c0169176_7385649.jpg

ハン・バン しげし・おおい
会意
敏と糸からなる。
敏は婦人が祭事にあたって髪飾りに手をそえている盛飾した姿で、
その髪に糸飾りを加えたものが蘩である。
by mteisi | 2017-08-24 07:39 | 語源で遊ぶ
萬葉集770
c0169176_7332626.jpg

巻向之 山部響而 徃水之 三名沫如 世人吾等者
巻向の 山邊とよみて ゆく水の 水沫の如し 世の人われは
 右二首柿本朝臣人麻呂歌集出
寄物發思
隱口乃 泊瀬之山丹 照月者 盈呉爲焉 人之常無
こもりくの 泊瀬の山に 照る月は みちかけしてぞ 人の常無き
 右一首古歌集出
by mteisi | 2017-08-24 07:38 | 萬葉集
詩経18
c0169176_7322377.jpg

草蟲
■(口要)々草蟲 趯趯阜螽  ようようたる草蟲 趯趯たる阜螽
未見君子 憂心忡忡  未だ君子を見ざれば 憂心忡忡たり
亦既見止 亦既覯止 我心則降 亦既に見 亦既に覯はば 我が心 則ち降らん
秋も深くなって 草むらにすだく虫の音 ばったばったとはねまわるハタハタ
あなたに遭わぬうちは 心配で胸が痛む
やっとお会いできて お顔を見ればほと落ち着くでしょう
by mteisi | 2017-08-24 07:32 | 詩経