2017年 08月 30日 ( 4 )
朝歌8月30日
c0169176_737714.jpg

am6:00

c0169176_7371783.jpg

くもふかくたかなみのごとうねうねと

c0169176_7373413.jpg

窓開目前雲波畝々
by mteisi | 2017-08-30 07:40 | 朝歌
c0169176_7354219.jpg

カン かぎ・あまい
象形
左右の上部に横に鍵を通す錠の形。
左右に含ませて錠とするもので、
嵌入の意である。
甘美の義は甘草から出ており、
別義。
by mteisi | 2017-08-30 07:36 | 語源で遊ぶ
萬葉集776
c0169176_7345080.jpg

公爲 手力勞 織在衣服叙 春去 何々 摺者吉
君が爲 手力つかれ 織れる衣服そ 春さらば いかにかいかに 摺りてよばけむ
橋立 倉椅山 立白雲 見欲 我爲苗 立てる白雲
橋立の 倉椅山 立てる白雲 見まくほり 我するなへに 立てる白雲

澤瀉久孝著「万葉集注釈」7より
by mteisi | 2017-08-30 07:35 | 萬葉集
詩経24
c0169176_733544.jpg

誰謂鼠無牙 何以穿我墉  誰か謂ふや 鼠に牙無しと 何を以て我が墉を穿つや
誰謂女無家 何以速我訟  誰か謂ふや 女に家無しと 何を以て我を訟に速くや
雖速我訟 亦以女從  我を訟に速くと雖も 亦女に從はず
誰か鼠には牙がないというか なんでわが家の屛に穴あける
誰かおまえの家には礼がないというか わたしを裁判にかけるほどなのに
わたしを裁判にかけても おまえのいうままにはなれぬ
by mteisi | 2017-08-30 07:34 | 詩経