2017年 09月 02日 ( 4 )
朝歌9月2日
c0169176_7485013.jpg

am6:18

c0169176_749202.jpg

やまのえにつながりくものよこあるき

c0169176_7492353.jpg

山上長雲緩歩横行
by mteisi | 2017-09-02 07:52 | 朝歌
c0169176_747526.jpg

ソ しろぎぬ・もと・もとより
象形
糸を染めるときの形。
糸を染めるとき、
糸たばの上部を固く結んで染めるので、
その部分だけ白地のままで残る。
その生地のまま残った部分を素という。
by mteisi | 2017-09-02 07:48 | 語源で遊ぶ
萬葉集779
c0169176_7463765.jpg

青角髪 依網原 人相鴨 石走 淡海縣 物語爲
青みづら 依網の原に 人も逢わぬかも 石はしる 淡海縣の 物語せむ
水門 葦末葉 誰手折 吾背子 振手見 我手折 
みなとの 葦の末葉を 誰か手折りし 吾が背子が 振る手を見むと 吾ぞ手折りし

澤瀉久孝著「万葉集注釈」7より
by mteisi | 2017-09-02 07:46 | 萬葉集
詩経27
c0169176_7453417.jpg

摽有梅
摽有梅 其實七兮  摽ちて梅有り 其の實三つ
求我庶士 迨其今兮  我を求む庶士 其の今に迨べ
落ちた梅の実 その実は三つ
わたしをほしいという多くの若者よ その吉き日を取りにがすな

摽有梅 其實三兮  摽ちて梅有り 其の實七つ
求我庶士 迨其吉兮  我を求む庶士 其の吉に迨べ
落ちた梅の実 その実は七つ
わたしをほしいという多くの若者よ 今の間にも

摽有梅 頃筐墍之  摽ちて梅有り 頃筐(けいきょう)之を墍(と)る
求我庶士 迨其謂兮  我を求む庶士 其の吉に迨べ
落ちた梅の実 籠に入れて拾い取る
わたしをほしいという多くの若者よ 約束をのがさずに
by mteisi | 2017-09-02 07:45 | 詩経