2017年 09月 08日 ( 4 )
詩経33
c0169176_132142.jpg

邶風
柏舟
其一
汎彼柏舟 亦汎其流  汎たる彼の柏舟は 亦汎として其れ流る
耿耿不寝 如有隱憂  耿耿として寢ねられず 殷憂有るが如し
微我無酒 以敖以遊  我 酒無きに微ず 以て敖し以て遊ばん
ただよい浮かぶあの柏舟は よるべなきわが身の如くにただようて流れゆく
心の憂いに眼が冴えて睡れもせぬ 何かの深い心配が胸の中を痛みつける
酒がないわけではなう せめて酒でも飲んで憂いを掃って遊ぼう

我心匪鑒 不可依茹  我が心鑒に匪ず 以て茹るべからず
亦有兄弟 不可以據  亦兄弟有れども 以て據るべからず
薄言往愬 逢彼之怒  薄か言に徃いて愬ふれば 彼の怒りに逢ふ
わが心は鏡ではないから 人の心を測り知ることはできぬ
われにも亦兄弟がるから 依り頼ることはできぬ
いささか徃いて訴えても かえって怒られてしかられる

我心匪石 不可轉也  我が心石に匪ず 轉ずべからざるなり
我心不席 不可巻也  我が心席に匪ず 巻くべからざるなり
威儀棣棣 不可選也  威儀棣棣として 選ぶべからざるなり
わが心は石ではないから 転ばして変えることはできぬ
わが心は席だはないから 巻いて丸めることはできぬ
立ち居振る舞いをつつしんで そしりを受けることのないようにしている
by mteisi | 2017-09-08 13:21 | 詩経
朝歌9月8日
c0169176_89843.jpg

am6:27

c0169176_891475.jpg

きりかすむそらなかまるいおつきさま

c0169176_891791.jpg

霧中和然微白円月
by mteisi | 2017-09-08 08:11 | 朝歌
c0169176_822679.jpg

カ かり
会意
又(手)で玉石を取り出している形。
もと瑕玉・樸玉の意であろう。
鉱物質の鍛冶すべきものは段、
玉塊のものが叚であろうと思われる。
by mteisi | 2017-09-08 08:08 | 語源で遊ぶ
萬葉集785
c0169176_7555035.jpg

寄玉
安治村 十依海 船浮 白玉採 人所知勿
あぢ群のとをよる海に 船浮けて 白玉採ると 人に知らゆな
遠近 礒中在 白玉 人不知 見依鴨
をちこちの 礒の中なる 白玉を 人に知らえず 見むよしもがも

澤瀉久孝著「万葉集注釈」7より
by mteisi | 2017-09-08 08:01 | 萬葉集