2017年 09月 25日 ( 4 )
朝歌9月25日
c0169176_833146.jpg

am6:20

c0169176_833679.jpg

しらくものかろげにもえるゆらゆらと

c0169176_834190.jpg

炎形白雲帛紗翔妙
by mteisi | 2017-09-25 08:06 | 詩経
萬葉集801
c0169176_7542472.jpg

奥山之 於衣之蘿生 恐常 思情乎 何如裳勢武
奥山の岩に苔むし かしこけど 思ふ心をいかにかもせむ
思賸 痛文爲便無 玉手次 雲飛山仁 吾印結
思ひあまり いたもすべなみ 玉たすき 畝傍の山に 吾標結ひつ
 
澤瀉久孝著「万葉集注釈」7より
by mteisi | 2017-09-25 08:02 | 萬葉集
c0169176_7421986.jpg

ヨウ さわ・やわぐ
形声
声符は邕。
金文の雝の字形は、
巛(水)と■(口二つ)宮室の相並ぶ正面形と
隹との会意字で、
周囲に水をめぐらした宮。
辟雝とよばれる聖所をいう。
隹を加えているのは、
渡り鳥のあつまる水辺を、
祖霊が時を定めて來歸する聖所と考えた。
by mteisi | 2017-09-25 07:52 | 語源で遊ぶ
詩経50
c0169176_7231181.jpg

雝雝鳴雁 旭日始旦  雝雝たる鳴雁 旭日始めて旦なり
士如歸妻 迨冰未泮  士如し妻を歸(めと)らば 冰の未だ泮(と)けざるに迨(およ)べ
空飛ぶ鴈の声は和らいで 朝日に紅くさし昇る
若者よ妻を娶るならば 氷の融けきらぬ冬の間に

招招舟子 人渉卬否  招招たる舟子 人は渉れと卬(われ)は否せず
人渉卬否 卬須我友  人は渉れと卬は否せず 卬は我が友を須(ま)つ
舟子が招く 人は渡るが わたしは行かぬ
人は渡るがわたしは行かぬ わたしはよい人を待つ
by mteisi | 2017-09-25 07:41 | 詩経