2018年 01月 19日 ( 4 )
朝歌1月19日
c0169176_08135130.jpg
am7:35

c0169176_08135468.jpg
ぼんやりのそらにかすかのくものみえ

c0169176_08135750.jpg
凡槍曽羅幽九面蟻

by mteisi | 2018-01-19 08:15 | 朝歌
c0169176_08130999.jpg

ロウ もてあそぶ・たわむれる・このむ

会意

王(玉・ぎょく)と廾(きょう)からなる。

廾は両手。

両手で玉を持つ形。


by mteisi | 2018-01-19 08:13 | 語源で遊ぶ
萬葉集916
c0169176_08113734.jpg

春日野尒 鍾礼零所見 明日從者 黄葉頭■(夾刂)牟 高圓乃山

春日野に しぐれ零る見ゆ 明日よりは 黄葉かざさむ 高圓の山


c0169176_08114128.jpg

大伴家持白露歌一首

吾屋戸乃 草花上之 白露乎 不令消而玉尒 貫物尒毛我

吾がやどの を花の上の 白露を 消たずて玉に 貫くものにもが



by mteisi | 2018-01-19 08:12
詩経165
c0169176_08103074.jpg

蓺麻如之何 衡從其畝  麻を蓺うるには之を如何せん その畝を衡從にす

取妻如之何 必告父母  妻を取るには之を如何せん 必ず父母に嗣ぐ

既曰告止 曷又鞠止   既に曰に告げたり 曷ぞ又鞠むるや

麻を植えるにはどうするか その畝を横にし縦にする

妻を娶るにはどうするか 必ず父母に告げて許しを受ける

一旦父母の許しを得て嫁いだ者を なぜ追っかけて淫欲をきわめるか


折薪如之何 匪斧不克  薪を析には之を如何せん 斧に匪ざれば克せず

取妻如之何 匪媒不得  妻を取るには之を如何せん 媒に匪ざれば得ず

既曰得止 曷又極止   既に曰に得たり 曷ぞ又極むるや

薪を割るにはどうするか 斤でなければ割かれはせぬ

妻を娶るにはどうするか 媒人がなければもらわれぬ

一旦媒人を立てて嫁いだ者を なぜにいつまでも追っかけて欲情を極めるか


by mteisi | 2018-01-19 08:11 | 詩経