2018年 02月 17日 ( 4 )
朝歌2月17日
c0169176_08035318.jpg
am7:32

c0169176_08035978.jpg
あおきすみねずむらさきのすそをみせ

c0169176_08040328.jpg
青澄淸天紫鼠裾雲

by mteisi | 2018-02-17 08:06 | 朝歌
c0169176_08030484.jpg
シチ ななつ・なな
仮借
字は切断した骨の形で、象形。
これに刀を加えてこの意を表したのが切で、
骨を切ることをいう。

by mteisi | 2018-02-17 08:03 | 語源で遊ぶ
萬葉集944
c0169176_08014922.jpg
大伴宿祢家持贈坂上大嬢歌一首 幷短歌
叩々 物乎念者 將言爲便 將爲々便奈之 妹与吾 手携而 旦者 庭尒出立 夕者 床打拂 白細乃 袖指代而 佐寐之夜也 常尒有家類 足日木能 山鳥許曾波 峰向尒 嬬問爲云 打蟬乃 人有我哉 如何爲跡可 一日一夜毛 離居而 嘆戀良武 許己念者 胸許曾痛 其故尒 情奈具夜登 高圓乃 山尒毛野尒母 打行而 遊徃杼 花耳 丹穂日手有者 毎見 益而所思 奈何爲而 忘物曾 戀云物乎

c0169176_08015251.jpg
ねもころに 物を思へば 云はむすべ せむすべも無し 妹と吾 手携はりて 朝には 庭に出で立 夕べには 床打拂ひ 白たへの 袖さしかへて さねし夜や 常にありける あしひきの 山鳥こそは 峰向に 妻とひすと云へ うつせみの 人なる我や なにすとか 一日一夜も 離れ居て 歎き戀ふらむ ここ思へば 胸こそ痛き そこ故に 心なぐやと 高圓の 山にも野にも うち行きて 遊びあるけど 花のみ にほひてあれば 見る毎に まして思ほゆ 奈何にして 忘れむものぞ 戀といふものを



by mteisi | 2018-02-17 08:02 | 萬葉集
詩経194
c0169176_08002927.jpg
有■(木大テイ)之杜
有テイ之杜 生于道左  テイたるの杜有り 道左に生ず
彼君子兮 噬肯適我   彼の君子 噬に肯て我に適け
中心好之 曷飲食之   中心之を好み 曷をか之に飲食せしめん
一本立ちの山梨の木が 路旁に生えている
あのりっぱなお方が わたしのところに来てくれますよう
ほんとに好きなあのお方 どんな御馳走をして差し上げよう

有テイ之杜 生于道周  テイたるの杜有り 道周に生ず
彼君子兮 噬肯來遊   彼の君子 噬に肯て來り遊べ
中心好之 曷飲食之   中心之を好み 曷をか之に飲食せしめん
一本立ちの山梨の木が 道の曲がりかどに生えている
あのりっぱなお方が どうか遊びに来てくれますように
ほんとに好きなあのお方 どんな御馳走をして差し上げよう

by mteisi | 2018-02-17 08:01 | 詩経