2018年 03月 03日 ( 4 )
朝歌3月3日
c0169176_07482623.jpg
am5:23

c0169176_07483082.jpg
かがやけるつきのひかりのこきさんさん

c0169176_07483386.jpg
輝曄明月古稀三三

by mteisi | 2018-03-03 07:50 | 朝歌
c0169176_07473263.jpg

カク とる・えもの・える
形声
旁のかたちは隹を手に執る形で、
もと鳥を捕らえることをいう字。

by mteisi | 2018-03-03 07:47 | 語源で遊ぶ
萬葉集958
c0169176_07370089.jpg
大伴坂上郎女歌一首
酒坏尒 梅花浮 念共 飲而後者 落去登母与之
酒杯に 梅の花浮べ 思ふどち 飲みての後は 散りぬともよし

c0169176_07370820.jpg
和歌一首
官尒毛 縦賜有 今夜耳 將飮酒歌可毛 散許湏奈由米
官にも 許し給へり 今夜のみ 飲まむ酒かも 散りこすなゆめ
 右酒者、官禁制偁京中閭里不得集宴、但親々一二飲樂聽許者、縁此和人作此發句焉 

カク とる・えもの・える
形声
旁のかたちは隹を手に執る形で、
もと鳥を捕らえることをいう字。

by mteisi | 2018-03-03 07:46 | 萬葉集
詩経208
c0169176_07355058.jpg
交交黃鳥 止于桑   交交たる黃鳥は 桑に止る
誰從穆公 子車仲行  誰か穆公に從ふ 子車仲行
維此仲行 百夫之防  維れ此の仲行は 百夫の防
臨其穴  惴惴其慄  其の穴に臨めば 惴惴として其れ慄る
彼蒼者天 殲我良人  彼の蒼たつ者は天 我が良人を殲せり
如何贖兮 人百其身  如し贖ふ可くんば 人 其身を百せん
飛び交いて鳴く黃鳥(うぐいす)は 棘の木にとまる
穆公に殉じて死んだ者は誰 子車氏の奄息
この奄息は 百人にもあたる優れた人
今こそ墓穴に臨めば ぞっとして慄れる
ああ あの蒼空よ こんな善い人を殺すとは
もし身代わりができたなら 百のその身も惜しむまい

by mteisi | 2018-03-03 07:36 | 詩経