2018年 03月 10日 ( 4 )
朝歌3月10日
c0169176_08032492.jpg
am7:25

c0169176_08032782.jpg
かたまりのくもぐもかかえあおしそら

c0169176_08033151.jpg
雲塊重上抱全靑明

by mteisi | 2018-03-10 08:06 | 朝歌
c0169176_07592399.jpg
カク なめす
会意
寽と虎からなる。
寽は虎皮をなめす器を持つ形で、
剥治することを示している。

by mteisi | 2018-03-10 08:02 | 語源で遊ぶ
萬葉集962
c0169176_07580691.jpg
雑歌
泊瀬朝倉宮御宇大泊瀬幼武天皇御製歌一首
暮去者 小椋山尒 臥鹿之 今夜者不鳴 寐家良霜
夕されば 小椋の山に 臥す鹿の 今夜は鳴かず いねにけらしも
 右或本云崗本天皇御製、不審正指。因以累載

c0169176_07581115.jpg
崗本宮御宇天皇幸紀伊國時歌二首
爲妹 吾玉拾 奥邊有 玉縁將來 奥津白浪
妹が爲 吾玉拾ふ 沖邊なる 玉寄せもり來 沖つ白浪

by mteisi | 2018-03-10 07:58 | 萬葉集
詩経212
c0169176_07570143.jpg
渭陽
我送舅氏 曰至渭陽  我 舅氏を送りて 曰に渭陽に至る
何以贈之 路車乘黃  何を以て之に贈らん 路車乘黃
叔父君を送って 渭水の北まで来た
何を贈り物にしようぞ 路車に黄毛の馬を

我送舅氏 悠悠我思  我 舅氏を送る 悠悠たる我が思
何以贈之 瓊塊玉佩  何を以て之に贈らん 瓊塊玉佩
叔父君を送って 限りない思い
何を贈り物にしようぞ 瓊塊の佩びもの

by mteisi | 2018-03-10 07:57 | 詩経