2018年 04月 24日 ( 4 )
朝歌4月24日
c0169176_07384386.jpg
am5:45

c0169176_07384791.jpg
かぜおこりきゞのえだはのゆれさわぎ

c0169176_07385019.jpg
風興騒枝搖葉噪々 鼎

by mteisi | 2018-04-24 07:42 | 朝歌
c0169176_07335304.jpg
ロウ おり・ひとや・かこむ・いけにえ
会意
宀と牛からなる。
宀は家の屋根の形ではなく、
牢閑とよばれる牛舎の柵の形なので、
宀ではなく冖に牛と書くのが正しい。
卜文ではその中に、
牛や羊を入れる形に作る。
ここに書いたのは羊。

by mteisi | 2018-04-24 07:38 | 語源で遊ぶ
萬葉集1007
c0169176_07331329.jpg
手綱濱歌一首
遠妻四 高尒有世婆 不知十方 手綱乃濱能 尋來名益
遠妻し 多賀にありせば 知らずとも 手綱の濱の 尋ね來なまし

by mteisi | 2018-04-24 07:33 | 萬葉集
詩経257
c0169176_07305997.jpg
狼跋
狼跋其胡 載■(口のない嚔)其尾  狼其の胡を跋みて 載ち其の尾にテイ(つまづ)く
公孫碩膚 赤舄几几        公碩膚を孫りて 赤舄几几たり
狼はあわててその胡を踏んだり その尾につまづいたり
公は大功美徳をゆずって 赤い舄を履いてゆったりとしておられる

狼テイ其尾 狼跋其胡  狼其の其の尾につまづき 載ち其の胡を跋む
公孫碩膚 徳音不瑕   公碩膚を孫って 徳音瑕たず
狼はその尾につまづいたり その胡を踏んだりして困しむ 
公は大功をゆずって 大いなる徳は欠けるところもない


by mteisi | 2018-04-24 07:32 | 詩経