2018年 04月 30日 ( 4 )
朝歌4月30日
c0169176_07515467.jpg
am5:35

c0169176_07515867.jpg
ねずぞらのつゞくそのひもけしきあり

c0169176_07520093.jpg
鼠空日日日日有趣

by mteisi | 2018-04-30 07:54 | 朝歌
c0169176_07463770.jpg
ジュク にる・たれ・なんぞ
会意
正字ジュクではキョウと羊と丮からなり、
キョウは煮炊きする器。
それで羊肉を煮る意。

by mteisi | 2018-04-30 07:51 | 語源で遊ぶ
萬葉集1013
c0169176_07420517.jpg
反歌
射行相乃 坂之踏本尒 開乎爲流 櫻花 令見兒毛欲得
い行きあひの 坂の麓に 咲きをゐる 櫻の花を 見せむ子もがも

by mteisi | 2018-04-30 07:46 | 萬葉集
詩経263
c0169176_07230624.jpg
翩翩者■(鳥羽スイ) 載飛載止  翩翩たるスイ 載ち飛び載り止り
集于苞杞            苞杞に集る
王事靡鹽 不遑將母       王事鹽きこと靡し 母を將ふに遑あらず
八幡鳩は、羽うちして、或いは飛び上がり、或いは飛び下り、枝茂る枸杞にとまっている。使臣たる我が身は、憩う暇もなく奔走している。けれども、王事は粗略に出来ないので、家鄕に在って、母を扶養するひまもない。

駕彼四駱 載驟駸駸  彼の四駱に駕して 載ち驟ること駸駸たり
豈不懷歸       豈歸るを懷はざらんや
是以作歌 將母來諗  是を以て歌を作り 母を將ふことを來り諗ぐ
彼の四頭の河原毛の馬が引く車に乗って、足音高く馳けさせる。どうして父母家族を懐わないことがあろうや。それ故、使者の役目を果たして、早く帰って、母を扶養したいと思うので、この歌を作って、せめて我が願いをお告げ申しあげるわけである。

by mteisi | 2018-04-30 07:41 | 詩経