2018年 05月 01日 ( 4 )
朝歌5月1日
c0169176_08202179.jpg
am5:38

c0169176_07405692.jpg
つきぐものふたつあるそらめにあやに

c0169176_08202860.jpg
月雲二様見者福々

by mteisi | 2018-05-01 08:22 | 朝歌
c0169176_08185184.jpg
シン こころ・むね
象形
心臓の形。

by mteisi | 2018-05-01 08:19 | 語源で遊ぶ
萬葉集1014
c0169176_07500975.jpg
檢税使大伴卿登筑波山時歌一首
衣手 常陸國 二並 筑波乃山乎 欲見 君來座登 熱尒 汗可伎奈氣伎 木根取 嘯鳴登 峯上乎 公尒令見者 男神毛 許賜 女神毛 千羽日給而 時登無 雲居雨零 筑波嶺乎 清照 言借石 國之眞保乎 委曲尒 示賜者 歡登 紐之緒解而 家如 解而曾遊 打靡 春見麻之従者 夏草之 茂者雖在 今日之樂者
衣手 常陸の國の 二並ぶ 筑波の山を 見まくほり 汗かきなげき 木の根とり 嘯き登り 峯の上を 君に見すれば 男の神も許し給ひ 女の神も ちはひ給ひて 時と無く 雲居雨零る 筑波嶺を さやに照らして いふかりし 國のまほらを つばらかに 示し給へば 歡しみと 紐の緒解きて 家の如 解けてぞ遊ぶ 打靡く 春見ましゆは 夏草の 茂くはあれど 今日の樂しさ

by mteisi | 2018-05-01 08:18 | 萬葉集
詩経264
c0169176_07372139.jpg
皇皇者華 
皇皇者華 于彼原隰       皇皇たるは華 彼の原隰に于いて
■(馬先シン)シン征夫 毎懐靡及 シンシンたる征夫は 毎に懐ふて及ぶ靡しとす
我馬維駒 六轡如濡       我が馬維れ駒 六轡濡ふが如し
載馳載軀 周爰咨諏       載ち馳せ載ち驅り 周く爰に咨諏す

by mteisi | 2018-05-01 07:49 | 詩経