2018年 05月 07日 ( 4 )
朝歌5月7日
c0169176_08180866.jpg
am5:30

c0169176_08181292.jpg
こさめふりきりもかすみもしろづくし

c0169176_08181464.jpg
小雨白天霧霞面々

by mteisi | 2018-05-07 08:19 | 朝歌
萬葉集1020
c0169176_08163716.jpg
登筑波嶺爲嬥歌一首 幷短歌
鷲住 筑波乃山之 裳羽服津乃 其津乃上尒 率而 未通女壯士之 徃集 加賀布 嬥歌尒 他妻尒 吾毛交牟 吾妻尒 他毛言問 此山乎 牛掃神之 従来 不禁行事叙 今日耳者 目串毛勿見 事毛咎莫

c0169176_08164183.jpg
鷲の住む 筑波の山の 裳羽服津も 其の津の上に 率ひて 未通女壯士の 行き集ひ かがふ嬥歌に 人妻に 吾も交らむ 我が妻に 人も言問へ此の山を うしはく神の 昔より 禁めぬ行事ぞ 今日のみは めぐしもな見そ 言も咎むな



by mteisi | 2018-05-07 08:17 | 萬葉集
c0169176_08173490.jpg
ズ・ト え・えがく・はかる
会意
旧字は圖に作り、
囗とヒからなる。
囗は全体の範囲を示す。
ヒは倉廩のある地域、
鄙はその農耕地をいう。
農耕地の所在を図面化したものを圖という。
平面図にその所在を記入したもので、
地図をいう。

by mteisi | 2018-05-07 08:17 | 語源で遊ぶ
詩経270
c0169176_08024565.jpg
伐木
伐木丁丁 鳥鳴嚶嚶  木を伐ること丁丁たり 鳥鳴くこと嚶嚶たり
出自幽谷 遷于喬木  幽谷より出でて 喬木に遷る
囁其鳴矣 求其友聲  嚶として其れ鳴く 其の友を求むる聲あり
相彼鳥矣 猶求友聲  彼の鳥を相るに 猶ほ友を求むる聲あり
矧伊人矣 不求友生  矧や伊人 友生を求めざらんや
神之聽之 終和且平  神の之を聽かば 終に和し且つ平ならん

by mteisi | 2018-05-07 08:16 | 詩経