2018年 05月 31日 ( 4 )
朝歌5月31日
c0169176_07395450.jpg
am7:08

c0169176_07395711.jpg
しらじらといちめんしろくみせるそら

c0169176_07400044.jpg
一面白々白想一空

by mteisi | 2018-05-31 07:42 | 朝歌
c0169176_07391376.jpg
トウ・ト のぼる・すすめる・みのる
会意
癶と豆からなる。
癶は両足をそろえる形で、
出発のときの姿勢。
豆は脚の高い食器の形であるが、
踏み台の形とみてよい。
そのふみ台の上に両足をそろえるている形で、
登ることをいう。
また、両手をそえている形もあり、
麦を供えることを登麦のようにいうのは、
食器の豆を奉ずる形の字義であろう。

by mteisi | 2018-05-31 07:39 | 語源で遊ぶ
萬葉集1043
c0169176_07371581.jpg
思娘子作歌一首 幷短歌
白玉之 人乃其名矣 中々二 辞緒下延 不遇日之 數多過者 戀日之 累行者 思遣 田時乎白土 肝向 心摧時無 口不息 吾戀兒矣 玉釧 手尒取持而 眞十鏡 直目尒不視者 下檜山 下逝水乃 上丹不出 吾念情 安虚歟毛 

c0169176_07371843.jpg
白玉の 人の其の名を なかなかに 辭を下延へ 逢はぬ日の 數多く過ぐれば 戀ふる日の かさなり行けば 思ひやる たどきを知らに 肝向ふ 心摧けて 珠たすき かけぬ時無く 口やまず 吾が戀ふる子を 珠釧 而に取り持ちて まそ鏡 直目に見ねば したひ山 下ゆく水の 上に出でず 吾が思ふ心 安きそらかも



by mteisi | 2018-05-31 07:37 | 萬葉集
詩経293
c0169176_07361652.jpg
物其多矣 維其嘉矣  物 其れ多し 維れ其れ嘉し
物其旨矣 維其偕矣  物 其れ旨し 維れ其れ偕し
物其有矣 維其時矣  物 其れ有り 維れ其れ時なり

by mteisi | 2018-05-31 07:36 | 詩経