2018年 06月 03日 ( 4 )
朝歌6月3日
c0169176_07484589.jpg
am5:48

c0169176_07484906.jpg
くもなみのうえにそっとつきのあり

c0169176_07485297.jpg
雲波之上在月之明

by mteisi | 2018-06-03 07:50 | 朝歌
c0169176_07441654.jpg
ツイ・タイ おう・およぶ・したがう
会意
𠂤と辵からなる。
𠂤は軍行のとき、
軍社に祭った祭肉・脤肉の形で、
軍の行動するときには常に、
この脤肉を奉じて行動するのである。
𠂤は卜文・金文に師旅の師の字に用い、
師の初文で、
その軍を𠂤(師)という。
軍を分かって行動するときは、
𠂤肉を頒け与えるので遣という。
辵は行く意で、
脤肉を奉じて敵を追うことを追という。
追とはもと敵を追撃することをいう字。
逐は獣を逐う意で狩猟の際のことをいう。

by mteisi | 2018-06-03 07:44 | 語源で遊ぶ
詩経296
c0169176_07420937.jpg
南山有杞 北山有李  南山に杞有り 北山に李有り
樂只君子 民之父母  樂只は君子 民の父母
樂只君子 徳音不已  樂只は君子 徳音已まず

南山有栲 北山有杻  南山に栲有り 北山に杻有り
樂只君子 遐不眉壽  樂只は君子 遐ぞ眉壽ならざらんや
樂只君子 徳音是茂  樂只は君子 徳音是れ茂なり。

南山有枸 北山有■(木臾・ユ)   南山に枸有り 北山にユ有り
樂只君子 遐不黃■(考口・コウ)  樂只は君子 遐ぞ黃コウならざらんや
樂只君子 保艾爾後        樂只は君子 爾の後を保艾す


by mteisi | 2018-06-03 07:43 | 詩経
萬葉集1046
c0169176_07433434.jpg
塩氣立 荒礒丹波雖在 徃水之 過去妹之 方見等曾来
潮氣立つ 荒礒にあれど ゆく水の 過ぎにし妹が 形見とぞ來し
古家丹 妹等吾見 黑玉之 久漏牛方乎 見佐府下
いにしへに 妹と我が見し ぬば玉の 黑牛潟を 見ればさずしも



by mteisi | 2018-06-03 07:43 | 萬葉集