2018年 08月 05日 ( 4 )
朝歌8月5日
c0169176_07153047.jpg
am6:54

c0169176_07153497.jpg
なにごともなくこのひのゆくかせみのこえ

c0169176_07153785.jpg
何事無行此日蟬韻

by mteisi | 2018-08-05 07:17 | 朝歌
c0169176_07141637.jpg
イ のり・つね
会意
鷄を両手(廾・キョウ)でもち、
はがいじめにして地を吐かせている形。
その血で祭器や礼器を清め、
宗廟の祭祀にもちいるので、
その器を彝器という。
鷄血で清めるのは釁礼という。
釁(キン)は酉(ユウ。酒樽の形)の形。
器物や建造物の釁礼には牲血を使った。

by mteisi | 2018-08-05 07:14 | 語源で遊ぶ
萬葉集1109
c0169176_07125277.jpg
靈寸春 吾山之於尒 立霞 雖立雖座 君之隨意
たまきはる 吾が山の上に 立つ霞 立つとも居とも 君がまにまに

c0169176_07125502.jpg
見渡者 春日之野邊尒 立霞 見巻之欲 君之容儀香
見渡せば 春日の野邊に 立つ霞 見まくのほしき 君が姿か



by mteisi | 2018-08-05 07:13 | 萬葉集
詩経367
c0169176_07112342.jpg
心摯憂矣 如或結之       心の憂ふる 之を結ぶ或るが如し
今茲之正 胡然厲矣       今茲の正 胡ぞ然く厲しき
燎之方揚 寧或滅之       燎の方に揚る 寧ぞ之を滅すこと或らんや
赫赫宗周 裒姒■(滅の氵なし)之 赫赫たる宗周 裒姒之をホロボす

by mteisi | 2018-08-05 07:11 | 詩経