2018年 10月 03日 ( 4 )
朝歌10月3日
c0169176_08280895.jpg
am7:15

c0169176_08281345.jpg
しずけさのたゞようけさはあおふかみ

c0169176_08281688.jpg
揺沈清音景沙深青

by mteisi | 2018-10-03 08:30 | 朝歌
c0169176_08163033.jpg
オン・イン おと・ね
会意
言と一からなる。
言の下部は祝禱を収める器の口・サイの形であるが、
その中に一を加えて、
器中に自鳴の音を発することを示す。
言は辛と祝禱の器であるサイからなる。
神に祈りを告げ、
また誓約するときに、
もし偽りがあれば神罰を受けるという
自己詛盟が行われる。
その形式を文字化したもの。
このようにして祈り、
神の反応があれば、
「神の音なひ(訪れ)としての
暗示があるとされ、
その「音なひ」を音という。
意の音に従う字で、
神の暗示を憶測する意である。

by mteisi | 2018-10-03 08:27 | 語源で遊ぶ
萬葉集1168
c0169176_08102323.jpg
君不相 久時 織服白𣑥衣 垢附麻弖尒
君に逢はず 久しき時を 織り着たる 白𣑥衣 垢つくまでに

c0169176_08102555.jpg
天漢 梶音聞 孫星与 織女 今夕相霜
天の河 楫の音聞こゆ 彦星と 織女と 今夕逢ふらしも

by mteisi | 2018-10-03 08:16 | 萬葉集
詩経426
c0169176_08032386.jpg
楊園之道 猗于畝丘  楊園の道 畝丘に猗る
寺人孟子 作爲此詩  寺人孟子 此の詩を作爲す
凡百君子 敬而聽之  凡百の君子 敬して之を聽け

by mteisi | 2018-10-03 08:09 | 詩経