2018年 10月 28日 ( 4 )
朝歌10月28日
朝歌10月28日_c0169176_07244575.jpg
am5:14

朝歌10月28日_c0169176_07245069.jpg
あけまえのくもをてらしてつきあかり

朝歌10月28日_c0169176_07245372.jpg
刻者未明月光雲照

by mteisi | 2018-10-28 07:28 | 朝歌
赤_c0169176_07240506.jpg
セキ・シャク あきらか・あか
会意
大と火からなる。
大は人の正面形。
赤は人に火を加えている形。
火によって人の穢れを祓う古儀があったのであろう。
この修祓によって罪科は赦免されるのであろう。 

by mteisi | 2018-10-28 07:24 | 語源で遊ぶ
萬葉集1193
萬葉集1193_c0169176_07230308.jpg
玉葛 不絶物可良 佐宿者 年之度尒 直一夜耳
玉葛 絶えぬものから さ宿らくは 年のわたりに たゞ一夜のみ

萬葉集1193_c0169176_07230794.jpg
戀日者 食長物乎 今夜谷 令乏應哉 可相物乎
戀ふる日は け長きものを 今夜だに 乏しむべしや 逢ふべきものを



by mteisi | 2018-10-28 07:23 | 萬葉集
詩経451
詩経451_c0169176_07220482.jpg
小明
明明上天 照臨下土  明明たる上天 下土を照臨す
我征徂西 至于艽野  我征きて西に徂き 艽野に至る
二月初吉 載離寒暑  二月初吉 載ち寒暑を離る

by mteisi | 2018-10-28 07:22 | 詩経