2018年 11月 25日 ( 4 )
朝歌11月25日
c0169176_07320969.jpg
am7:05

c0169176_07321413.jpeg
あさゝむきあけぞらのぼるねずのくも

c0169176_07321790.jpeg
寒朝明空鼠雲昇天

by mteisi | 2018-11-25 07:34 | 朝歌
萬葉集1221
c0169176_07303646.jpeg
吾屋戸尒 鳴之鴈哭 雲上尒 今夜喧成 國方可聞遊群
吾がやどに 鳴きし雁がね 雲の上に 今夜鳴くなり 國へかもゆく

c0169176_07304003.jpeg
左小牡鹿之 妻問時尒 月尒吉三 切木四之泣所聞 今時來等霜
さを牡鹿の 妻問ふ時に 月をよみ 雁がね聞こゆ 今し來らしも



by mteisi | 2018-11-25 07:31 | 萬葉集
c0169176_07312673.jpeg
ツウ・トウ とおる・いたる・かよう
形声
声符は甬。
甬は手桶の形で、
筒形の空洞のもの。
渋滞することなく通達すること。

by mteisi | 2018-11-25 07:31 | 語源で遊ぶ
詩経479
c0169176_07285992.jpeg
祭以清酒 從以騂牡       祭に清酒を以てし 從ふに騂牡を以てし
享干祖考 執其鸞刀       祖考に享す 其の鸞刀を執り
以啓其毛 取其血■(勞の力が月)  以て其の毛を啓げ 其の血ロウ

by mteisi | 2018-11-25 07:30 | 詩経