2018年 11月 27日 ( 4 )
朝歌11月27日
c0169176_07422904.jpg
am7:03
c0169176_07423402.jpeg
ねずぐものそらいろまぜてかぶさりて

c0169176_07423755.jpeg
鼠雲空色蓋覆混交

by mteisi | 2018-11-27 07:44 | 朝歌
萬葉集1223
c0169176_07404728.jpeg
秋田 吾苅り婆可能 過去者 鴈之喧所聞 冬方設而
秋の田の 吾が刈りばかの 過ぎぬれば 雁がね聞こゆ 冬かたまけて

c0169176_07405045.jpeg
葦邊在 荻之葉左夜藝 秋風之 吹來苗丹 鴈鳴渡
葦邊なる 荻の葉さやぎ 秋風の 吹き來るなへに 雁鳴き渡る



by mteisi | 2018-11-27 07:41 | 萬葉集
c0169176_07414287.jpeg
ケン・ゲン みる・あらわれる
象形
目を主とした人の形。
望見を望といい、
跪いて視るを見という。

by mteisi | 2018-11-27 07:41 | 語源で遊ぶ
詩経481
c0169176_07395960.jpeg
甫田之什
甫田
倬彼甫田 歳取十千    倬たる彼の甫田 歳に十千を取る
我取其陳 食我農人    我其の陳きを取り 我が農人に食ましむ
自古有年 今適南畝    自古り年有り 今南畝に適き
或転或耔 黍稷■(艹疑)々 或は転し或は耔す 黍稷ギギたり
攸介攸止 蒸我髦士    介する攸止する止 我が髦士を烝む

by mteisi | 2018-11-27 07:40 | 詩経