2019年 02月 09日 ( 4 )
朝歌2月9日
c0169176_07421301.jpg
am7:32

c0169176_07421702.jpeg
しずかなくあまおとのするねずのくも

c0169176_07421908.jpeg
雨韻静寂鼠雲一面

by mteisi | 2019-02-09 07:44 | 朝歌
萬葉集1296
c0169176_07402820.jpeg
吾鄕尒 今咲花乃 娘部四 不堪情 尚戀二家里
吾が里に 今咲く花の 女郎花 あへぬ心に なほ戀ひにけり

c0169176_07403172.jpeg
芽子花 作有乎見者 君不相 眞毛久二 成來鴨
萩の花 咲けるを見れば 君に逢はず まことも久に なりにけるかも



by mteisi | 2019-02-09 07:41 | 萬葉集
c0169176_07413273.jpeg
イ なづける・いう・おもう
形声
声符は胃。
[説文]に「報ずるなり」と報知の意とするが、
もとは名づける意であったらしい。

by mteisi | 2019-02-09 07:41 | 語源で遊ぶ
詩経552
c0169176_07393025.jpeg
何草不黄
何草不黄 何日不行  何の草か黄ならざらん 何の日か行かざらん
何人不將 經營四方  何の人か將かざらん 四方を經營す

何草不玄 何人不衿  何の草か玄からざらん 何の人か衿ならざらん
哀我征夫 獨爲匪民  哀し我が征夫 獨り民に匪ずと爲す

by mteisi | 2019-02-09 07:40 | 詩経