2019年 02月 12日 ( 4 )
朝歌2月12日
c0169176_07385930.jpg
am7:20

c0169176_07390252.jpeg
くものないそらのあおさのあじけなく

c0169176_07390436.jpeg
無雲天空無韻唯靑

by mteisi | 2019-02-12 07:40 | 朝歌
c0169176_07375732.jpeg
イキ ちいき・くいき・かぎる・くぎる
形声
声符は或。
或は域の初文。
或は防衛された城邑。
口(い)は都市をかこむ城壁の形。
それに戈を加えて武装して守る意を示す。
域とは領域をいう。
或に外側にさらに囗を加えたものは國(国)。

by mteisi | 2019-02-12 07:38 | 語源で遊ぶ
萬葉集1299
c0169176_07370435.jpeg
秋芽子之 花野之爲酢寸 穂庭不出 吾戀度 隱嬬波母
秋萩の 花野のすゝき 穂には出でず 吾が戀ひ渡る 隱ち妻はも

c0169176_07370614.jpeg
吾屋戸尒 開秋芽子 散過而 實成及丹 於君不相鴨
吾がやどに 咲きし秋萩 散り過ぎて 實になる迄に 君に逢わぬかも



by mteisi | 2019-02-12 07:37 | 萬葉集
詩経555
c0169176_07361362.jpeg
亹亹文王 令聞不已  亹亹たる文王 令聞已やまず
陳錫哉周 侯文王孫子 陳き錫ひて周を哉む 侯れ文王の孫子
文王孫子 本支百世  文王の孫子 本支百世
凡周之士 不顯亦世  凡そ周の士 顯ならざらんや亦世にす

by mteisi | 2019-02-12 07:36 | 詩経