2019年 02月 17日 ( 4 )
朝歌2月17日
朝歌2月17日_c0169176_07585773.jpg
am7:30

朝歌2月17日_c0169176_07590092.jpeg
かすむおもとぶとりわたりやわぐそら

朝歌2月17日_c0169176_07590384.jpeg
霞面飛鳥亘空和明

by mteisi | 2019-02-17 08:01 | 朝歌
逸_c0169176_07575475.jpeg
イツ のがれる・はやい・たのしむ
会意
旧字は逸に作り、
兔と辵からなる。
[説文]「失ふなり」と訓し、
兔はよく逃れるものであるから、
逸脱の字とするという。


by mteisi | 2019-02-17 07:58 | 語源で遊ぶ
萬葉集1304
萬葉集1304_c0169176_07565371.jpeg
寄黄葉
吾屋戸之 田葛葉日殊 色付奴 不來座君者 何情曾毛
吾がやどの 田葛葉日にけに 色づきぬ 來まさぬ君は 何心ぞも

萬葉集1304_c0169176_07565534.jpeg
足引乃 山佐奈葛 黃變及 妹尒不相哉 吾戀將居
あしひきの 山さなかづら もみつまで 妹に逢はずや 吾が戀ひ居らむ



by mteisi | 2019-02-17 07:57 | 萬葉集
詩経560
詩経560_c0169176_07554980.jpeg
命之不易 無遏爾躬  命の易からざる 爾の躬に遏むること無れ
宜昭義問 有虞殷自天 義問を宜昭にし 有た殷の天天に自ふを虞れ
上天之載 無聲無臭  上天の載は 聲も無く臭も無し
儀邢文王 萬邦作孚  文王に儀邢して 萬邦孚を作さん

by mteisi | 2019-02-17 07:56 | 詩経