2019年 02月 28日 ( 4 )
朝歌2月28日
c0169176_07535973.jpg
am7:12

c0169176_07540394.jpeg
あめおとすふわゝゝぐもはうすぐらし

c0169176_07540696.jpeg
落雨薄暗団雲子々

by mteisi | 2019-02-28 07:56 | 朝歌
c0169176_07523922.jpeg
イン かげ・くもる・ひそか
形声
声符はイン(陰の旁)。
陰の初文。
インは今と云との会意。
今は蓋栓の形。
云は雲の初文であるが、
インの字形では霊気を示ものであろう。
これを蓋い閉ざすことをインという。
インに対する語は昜。
上部の日の形は玉。
下部はその陽光の放射する形で、
これは玉による魂振りの儀礼を示す。
この様な呪儀が、
神梯である阝の前で行われるとき、
陰陽となる。
陰陽はもと、
神梯で行われる魂振り、
魂鎮めの儀礼に関する字であった。


by mteisi | 2019-02-28 07:52 | 語源で遊ぶ
萬葉集1315
c0169176_07442409.jpeg
殊落者 袖副沾而 可通 將落雪之 空尒消二管
こと零らば 袖さへぬれて とほるべく 零りなむ雪の 空に消につゝ

c0169176_07442618.jpeg
夜乎寒三 朝戸乎開 出見者 庭毛薄太良尒
夜を寒み 朝戸を開き 出で見れば 庭もはだらに み雪零りたり



by mteisi | 2019-02-28 07:51 | 萬葉集
詩経571
c0169176_07335734.jpeg
周原■(月無)々 菫茶如飴  周原ブブとして 菫茶飴の如し
爰始爰謀 爰契我龜    爰に始め爰に謀り 爰に我が龜を契す
曰止曰時 築室于茲    曰く止れ曰く時なれと 室を茲に築く

by mteisi | 2019-02-28 07:43 | 詩経