2019年 03月 02日 ( 4 )
朝歌3月2日
c0169176_07245039.jpg
am6:52

c0169176_07245573.jpeg
あちこちのそれぞれくものあやふかし

c0169176_07245872.jpeg
阿知己地雲居深彩

by mteisi | 2019-03-02 07:26 | 朝歌
萬葉集1317
c0169176_07223314.jpeg
沫雪者 今日者莫零 白妙之 袖纒將干 人毛不有君
沫雪は 今日はな零りそ 白妙の 袖巻き干さむ 人もあらなくに

c0169176_07223658.jpeg
甚多毛 不零雪故 言多毛 天三空者 陰相管
甚だも 零らぬ雪故 こちたくも 天つみ空は 陰らひにつゝ



by mteisi | 2019-03-02 07:23 | 萬葉集
c0169176_07232534.jpeg
イン つつしむ
形声 
声符は寅。
寅に寅敬のように敬む意がある。
寅は両手で矢柄を正す形であるから、
夤が寅敬の義の本字であろう。
上部の夕は肉の形で、祭肉。
祭肉と矢とを供えて神を祀ることから、
夤敬の義となる。


by mteisi | 2019-03-02 07:23 | 語源で遊ぶ
詩経573
c0169176_07200707.jpeg
乃召司空 乃召司徒 俾立室家  乃ち司空を召し 乃ち司徒を召し 室家を立てしむ
其繩則直 縮版以載 作廟翼翼  其の繩は則ち直 版を縮して以て載す 廟を作ること翼翼たり

by mteisi | 2019-03-02 07:22 | 詩経