2019年 03月 13日 ( 4 )
朝歌3月13日
c0169176_07421051.jpg
am7:12

c0169176_07421435.jpeg
はだそめのすそひくゝものあおてんじょう

c0169176_07421839.jpeg
肌染裾引雲上青天 鼎

by mteisi | 2019-03-13 07:44 | 朝歌
c0169176_07352934.jpeg
ウ・ク むしば
形声
声符は禹。
禹は二虫を組み合わせた形であるが、
卜文は歯と虫からなり、
もと会意字であり、
音もクが原音。
歯なみの中央に虫を加えた字形。

by mteisi | 2019-03-13 07:41 | 語源で遊ぶ
萬葉集1328
c0169176_07281896.jpeg
吾背子之 言愛美 出去者 裳引將知 雪勿零
吾が背子が 言愛しみ 出でて行かば 裳引しるけむ 雪な零りそね

c0169176_07282146.jpeg
梅花 其跡毛不所見 零雪之 市白兼名 間使遣者
梅の花 それとも見えず 零る雪の いちそろけむな 間使遣らば

by mteisi | 2019-03-13 07:35 | 萬葉集
詩経594
c0169176_07194304.jpeg
惠于宗公       宗公に惠ふ
神罔時怨 神罔時恫  神時れ怨こと罔く 神時れ恫むこと罔し
邢于寡妻 至于兄弟  寡妻に邢し 兄弟に至り
以御于家邦      以て家邦を御む

by mteisi | 2019-03-13 07:27 | 詩経