2019年 03月 14日 ( 4 )
朝歌3月14日
c0169176_07393071.jpg
am6:32

c0169176_07393790.jpeg
ふたつやまくもがたみせてきよきそら

c0169176_07394038.jpeg
二山雲形清澄青虛 鼎



by mteisi | 2019-03-14 07:41 | 朝歌
c0169176_07383467.jpeg
ウン くも・いう・ここに
象形
雲の形。
雲の初文。
雲気のたなびく下に、
竜が尾を巻いている姿が見える形。
のち雨を加えて雲の字となり、
もとの形の云は「云(い)ふ」「云(ここ)に」のように、
別の義に用いる。

by mteisi | 2019-03-14 07:38 | 語源で遊ぶ
萬葉集1329
c0169176_07370963.jpeg
天霧相 零來雪之 消友 於君合常 流經度
天霧らひ 零り來る雪の 消なめども 君に逢はむと ながらへ渡る

c0169176_07371140.jpeg
窺良布 跡見山雪之 灼然 戀者妹名 人將知可聞
窺狙ふ 跡見山雪の いちしろく 戀ひば妹が名 人知らむかも



by mteisi | 2019-03-14 07:37 | 萬葉集
詩経595
c0169176_07295630.jpeg
雝雝在宮 肅肅在廟  雝雝として宮に在り 肅肅として廟に在り
不顯亦臨 無射亦保  顯れざらんや亦臨み 射ふこと無くして亦保んず

肆戎疾不殄 烈假不遐 肆に戎疾殄たざれども 烈假遐からざらんや
不聞亦式 不錬亦入  聞かざれども亦式あり 錬めざれども亦入る

肆成人有徳 小子有造 肆に成人徳有り 小子造す有り
古之人無斁 譽髦斯士 古の人斁ふ無し 譽髦の斯の士あり

by mteisi | 2019-03-14 07:36 | 詩経