2019年 03月 31日 ( 4 )
朝歌3月31日
c0169176_06253375.jpeg
am3:06

c0169176_06253772.jpeg
ごぜんさんじほしかがやきくもゝみえ

c0169176_06254040.jpeg
午前三時輝星見雲

by mteisi | 2019-03-31 06:27 | 朝歌
c0169176_06163496.jpeg
エン たのしむ・うたげ
会意
宀と妟からなる。
妟が字の初文。
女子の頭上に玉(日の形)をおき、
魂振りの儀礼を行う字である。
宀は祖先を祭る廟屋の屋根の形で、
宴は廟中での儀礼を示す字であるが、
専ら宴安・宴楽の字に用いられ、
妟の字形の示す魂振り的な意味は希薄ちなる。

by mteisi | 2019-03-31 06:24 | 語源で遊ぶ
萬葉集1346
c0169176_05254769.jpeg
見度 近渡乎 迴 今哉來座 戀居
見渡せば 近き渡を たもとほり 今か來ますと 戀ひつゝぞ居る

c0169176_05255049.jpeg
早敷哉 誰障鴨 玉桙 路見遺 公不來座
はしきやし 誰が障ふれかも 玉桙の 道見忘れて 君が來まさぬ

by mteisi | 2019-03-31 05:32 | 萬葉集
詩経612
c0169176_05121092.jpeg
文王有聲
文王有聲 ■(辶矞)駿有聲  文王聲有り ここに駿に聲有り
イツ求厥寧 イツ觀厥成  ここに厥の寧を求め ここに厥の成を觀る
文王烝哉         文王烝なる哉
文王受命 有此武功    文王命を受け 此の武功有り
既伐于崇 作邑于豐    既に崇を伐ち 邑を豐に作る
文王烝哉         文王烝なる哉

by mteisi | 2019-03-31 05:25 | 詩経