2019年 04月 05日 ( 4 )
朝歌4月5日
朝歌4月5日_c0169176_07535374.jpeg
am6:00

朝歌4月5日_c0169176_07535901.jpeg
ねずぐものあおやぐみせてべにぼかし

朝歌4月5日_c0169176_07540315.jpeg
鼠雲靑染靑描紅置 鼎

by mteisi | 2019-04-05 07:56 | 朝歌
王_c0169176_07491459.jpeg
オウ きみ
象形
大きな戉(鉞まさかり)の刃部を下にしておく形。
王位を示す儀器として玉座の前においた儀式用の鉞で、
その遺器と思われるものがある。

by mteisi | 2019-04-05 07:53 | 語源で遊ぶ
萬葉集1351
萬葉集1351_c0169176_07433526.jpeg
烏玉 是夜莫明 朱引 朝行公 待苦
ぬばたまの この夜な明けそ あからひく 朝行く君を 待たば苦しも

萬葉集1351_c0169176_07433873.jpeg
戀爲 死爲物 有者 我身千遍 死反
戀するに 死するものに あらませば 我が身は千度 死にかへらまし

by mteisi | 2019-04-05 07:48 | 萬葉集
詩経617
詩経617_c0169176_07330098.jpeg
誕彌厥月 先生如達     誕なり厥の月を彌へて 先づ生るること達の如し
不圻不副 無菑無害     圻せず副せず 菑無く害無し
以赫厥霊 上帝不寧     以て厥の霊を赫ず 上帝寧んぜざらんや
不康■(示西土)祀 居然生子  イン祀に康ぜざらんや 居然として子を生む

by mteisi | 2019-04-05 07:43 | 詩経