2019年 04月 11日 ( 4 )
朝歌4月11日
c0169176_07290771.jpg
am6:52

c0169176_07295470.jpeg
つちきよめはれのあおぞらなごりぐも

c0169176_07291216.jpeg
浄地晴空名残具茂


by mteisi | 2019-04-11 07:32 | 朝歌
c0169176_07283166.jpeg
オク いえ
会意
尸と至からなる。
尸は屋の形。
至は至り止まる所。
屋は殯の建物をいう字なので、
尸は屍の形。
至は矢の至るところで、
その到達のところを指す。
神聖のために室・屋を設けるとき、
その地を卜するのに矢を放って選定したので、
屋・室・臺(台)はみな至からなる。

by mteisi | 2019-04-11 07:28 | 語源で遊ぶ
萬葉集1357
c0169176_07250448.jpeg
戀死 々々哉 吾妹 吾家門 過行
戀ひ死なば 戀ひも死ねとか 吾妹子が 吾家の門を 過ぎて行くらむ

c0169176_07250717.jpeg
妹當 遠見者 恠 吾戀 相依無
妹があたり 遠く見ゆれば あやしくも 吾は戀ふるか 逢ふよしを無み 



by mteisi | 2019-04-11 07:25 | 萬葉集
詩経623
c0169176_07240590.jpeg
卬盛于豆 于豆于登      卬豆に盛る 豆に登に
其香始升 上帝居歆      其の香始て升り 上帝居んじ歆く
胡臭亶時           胡ぞ臭の亶に時なる
后稷肇祀 庶無罪悔 以迄于今 后稷肇て祀りて 罪悔無きを庶ふて 以て今に迄る

by mteisi | 2019-04-11 07:24 | 詩経