2019年 04月 12日 ( 4 )
朝歌4月12日
c0169176_07422591.jpg
am7:15

c0169176_07432507.jpeg
ねずくものありてあおなかはくさくも

c0169176_07432825.jpeg
鼠帯山上白紗青中


by mteisi | 2019-04-12 07:44 | 朝歌
c0169176_07410662.jpeg
オク・ヨク やすらか・おもう・かず
形声
声符は意(おく)。
[説文]に「安きなり」とあり、
安寧の義に用いる。
意は神意を臆度(おくたく)し、
神意が暗示される意であるから、
億安が字の本義。

by mteisi | 2019-04-12 07:41 | 語源で遊ぶ
萬葉集1358
c0169176_07395258.jpeg
玉久世 淸川原 身秡爲 齋命 妹爲
玉久世の 清き川原に 身祓して 齋ふ命は 妹が爲こそ

c0169176_07395437.jpeg
思依 見依 物有 一日間 忘念
思ひ寄り 見ては寄りにし ものにあれば 一日の間も 忘れて思へや 



by mteisi | 2019-04-12 07:40 | 萬葉集
詩経624
c0169176_07384682.jpeg
行葦
敦彼行葦 牛羊勿踐履 敦たる彼の行葦 牛羊踐履すること勿れ
方苞方體 維葉泥泥  方に苞り方に體し 維れ葉泥泥たり
戚戚兄弟 莫遠具爾  戚戚たる兄弟 遠ざくること莫くして具に爾し
或肆之筵 或授之几  或は之が筵を肆ね 或は之が几を授く

by mteisi | 2019-04-12 07:39 | 詩経