2019年 05月 29日 ( 4 )
朝歌5月29日
c0169176_07361010.jpg
am6:00

c0169176_07361511.jpeg
ねずあおとかすみのしろのくもおゝう

c0169176_07361849.jpeg
青鼠白霞天上蓋覆

by mteisi | 2019-05-29 07:41 | 朝歌
萬葉集1405
c0169176_07341621.jpeg
早人 名負夜音 灼然 吾名謂 ■(女麗)恃
隼人の 名に負ふ夜聲 いちしろく 吾が名は告りつ 妻と恃ませ

c0169176_07341990.jpeg
劔刀 諸刃利 足蹈 死々 公依
劔大刀 諸刃の利きに 足蹈みて 死なば死なむよ 君によりてば




by mteisi | 2019-05-29 07:35 | 萬葉集
c0169176_07352843.jpeg
ガイ・ゲ そと・よそ・はずれる
会意
夕と卜からなる。
卜辞から来ることば。
夕は月。
この月は日月・月夕の月ではなく、
月とは肉を削りとることをいう。
[周礼]に外骨・内骨の語が見え、
外骨とは亀の属、
内骨とは鼈の属、
亀は外骨内肉の類とされる。
その腹甲を卜事に用いるので、
卜といえば外骨を意味し、
また内外の字になった。

by mteisi | 2019-05-29 07:35 | 語源で遊ぶ
詩経669
c0169176_07252498.jpeg
价人維藩 大師維垣  价人は維れ藩 大師は維れ垣
大邦維屛 大宗維翰  大邦は維れ屛 大宗は維れ翰
懷徳維寧 宗子維城  徳を懷へば維れ寧く 宗子は維れ城
無俾城壞 無獨斯畏  城をして壞れしむること無かれ 獨り斯に畏るること無かれ

by mteisi | 2019-05-29 07:33 | 詩経