2019年 07月 09日 ( 4 )
朝歌7月9日
朝歌7月9日_c0169176_07355275.jpg
am5;46

朝歌7月9日_c0169176_07355546.jpeg
きょうもきょうとてねずのそら

朝歌7月9日_c0169176_07355930.jpeg
今日之空今日又鼠 鼎

by mteisi | 2019-07-09 07:40 | 朝歌
亘_c0169176_07345784.jpeg
カン・セン・コウ めぐる・わたる
象形
上下の二線の区画の間に、
垣などのめぐる形。
中の回転の形は、
金文の洹の字形から見て、
垣のめぐる形のように思われる。

by mteisi | 2019-07-09 07:35 | 語源で遊ぶ
萬葉集1431
萬葉集1431_c0169176_07340260.jpeg
妹戀 吾哭涕 敷妙 木枕通 袖副所沾
妹に戀ひ 吾が泣く涙 しきたへの 木枕通り 袖さへぬれぬ

萬葉集1431_c0169176_07340532.jpeg
立念 居毛曾念 紅之 赤裳下引 去之儀乎
立ちて思ひ 居てもぞ思ふ 紅の 赤裳裾引き 去にし姿を




by mteisi | 2019-07-09 07:34 | 萬葉集
詩経692
詩経692_c0169176_07315791.jpeg
四牡騤騤 ■(方與)チョウ有翩  四牡騤騤として ヨチョウ翩たる有り
亂生不夷 靡國不泯      亂生じて夷がず 國として泯れざる靡し
民靡有黎 具禍以燼      民黎有ること靡し 具に禍して以て燼す
於乎有哀 國歩斯頻      於乎哀き有り 國歩斯に頻なり

by mteisi | 2019-07-09 07:32 | 詩経