2019年 07月 13日 ( 4 )
朝歌7月13日
c0169176_07260304.jpg
am6:32

c0169176_07260877.jpeg
ながむればいちのじえがくねずいろの

c0169176_07261271.jpeg
眺望雲様鼠彩一描 鼎

by mteisi | 2019-07-13 07:44 | 朝歌
c0169176_07243059.jpeg
カン つかさ・つかさどる
会意
宀と𠂤とからなる。
宀は廟屋、
𠂤は軍を発するときに奉ずる祭肉の形。
軍行中はこれを聖所におき、
軍令を行うところとした。

by mteisi | 2019-07-13 07:24 | 語源で遊ぶ
萬葉集1435
c0169176_07224668.jpeg
垂乳根乃 母白者 公毛余毛 相鳥羽梨丹 年可經
たらちねの 母に申さば 君も吾も 逢ふとはなしに 年ぞ經ぬべき

c0169176_07225077.jpeg
愛等 思篇來師 莫忘登 結之紐乃 解樂念者
愛しと 思へりけらし な忘れと 結びし紐の 解くらく思へば



by mteisi | 2019-07-13 07:23 | 萬葉集
詩経695
c0169176_07212713.jpeg
爲謀爲毖 亂況斯削  謀を爲し毖むことを爲すも 亂況斯に削らる
告爾憂恤 誨爾序爵  爾に恤を憂ふることを告ぐ 爾に爵を序することを誨ふ
誰能執熱 逝不以濯  誰か能く熱を執りて 逝に以て濯はざらん
其何能淑 載胥及溺  其れ何ぞ能く淑からん 載ち胥及に溺る

by mteisi | 2019-07-13 07:22 | 詩経