2019年 10月 01日 ( 4 )
朝歌10月1日
朝歌10月1日_c0169176_07313930.jpg
am6:20

朝歌10月1日_c0169176_07314529.jpeg
いちめんにふかいろよせてたいらかに

朝歌10月1日_c0169176_07314979.jpeg
一面深青平々多彩 鼎

by mteisi | 2019-10-01 07:33 | 朝歌
咎_c0169176_07300782.jpeg
キュウ・コウ とが・そしる
会意
人と夂と口からなる。
人と夂とは、
人が上より降下する意。
口はサイで祝禱を収める器の形であり、
祝詞などを奏する意。
おそらく神が降下して、
人に罰することを求める呪詛をする意であろう。
その呪詛に対して、
降ろされるものが咎。

by mteisi | 2019-10-01 07:30 | 語源で遊ぶ
萬葉集1512
萬葉集1512_c0169176_07283226.jpeg
奥山之 木葉隱而 行水乃 音聞從 常不所亡
奥山の 木の葉隱りて 行く水の 音聞きしより 常忘らえず

萬葉集1512_c0169176_07283587.jpeg
言念者 中波余騰益 水無河 絶跡云事乎 有起名湯目
言とくは 中はよどませ 水無し河 絶ゆとふ事を ありこすなゆめ

by mteisi | 2019-10-01 07:29 | 萬葉集
詩経931
詩経931_c0169176_07131398.jpeg
昊天有成命
昊天有成命 二后受之   昊天成命有り 二后之を受く
成王不敢康 夙夜基命宥密 成王敢て康んぜず 夙夜命を基めて宥密なり
於緝熙 單厥心      於緝熙にして 厥の心を單うす
肆其靖之         肆に其れ靖んず
肆其靖之

by mteisi | 2019-10-01 07:13 | 詩経