2019年 10月 18日 ( 4 )
朝歌10月18日
朝歌10月18日_c0169176_08160279.jpg
am6:32

朝歌10月18日_c0169176_08160952.jpeg
あめがすみはいいろにしてぼんやりと

朝歌10月18日_c0169176_08161249.jpeg
雨霞灰色凡遣幽妙

by mteisi | 2019-10-18 08:18 | 朝歌
キョ
キョ_c0169176_08144893.jpeg
キョ おおいのこ
象形
虎頭をもつ獣の形。
[説文]に「虎の兩足擧ぐるなり」というのは、
まさに金文の形にふさわしい。

by mteisi | 2019-10-18 08:15 | 語源で遊ぶ
萬葉集1528
萬葉集1528_c0169176_08134996.jpeg
中々二 君二不戀者 枚浦乃 白水郎有申尾 玉藻苅管
中々に 君に戀ひずは 比良の浦の 海人ならましを 玉藻刈りつゝ

萬葉集1528_c0169176_08135393.jpeg
鈴寸取 海部之燭火 外谷 不見人故 戀比日
すゞき取る 海人のともし火 外にだに 見ぬ人故に 戀ふるこの頃

by mteisi | 2019-10-18 08:14
詩経947
詩経947_c0169176_08124865.jpeg
訪落
訪予落止 率時昭考  予が落を訪り 時の昭考に率ふ
於乎悠哉 朕未有艾  於乎悠なる哉かな 朕未だ艾す有らず
將予就之 繼猶判渙  予を將けて之に就き 猶を繼ぐこと判渙たり
維予小子 未堪家多難 維れ予小子 未だ家の多難に堪へず
紹庭上下 陟降厥家  上下に紹庭し 厥の家に陟降す
休矣皇考 以保明其身 休なり皇考 以て其の身を保明す

by mteisi | 2019-10-18 08:13 | 詩経