2019年 10月 20日 ( 4 )
朝歌10月20日
朝歌10月20日_c0169176_08244087.jpg
am6:22

朝歌10月20日_c0169176_08244713.jpeg
しらくものまうあやかなであわしとき

朝歌10月20日_c0169176_08244839.jpeg
白雲文舞淡時奏韻 鼎

by mteisi | 2019-10-20 08:26 | 朝歌
圉_c0169176_08231274.jpeg
ギョ ひとや・うまかい・ふせぐ
会意
囗と幸からなる。
幸は手械の形で、
これを人の両手に加えたものは執。
その手械を加えた人をところを圉という。

by mteisi | 2019-10-20 08:23 | 語源で遊ぶ
萬葉集1530
萬葉集1530_c0169176_08221054.jpeg
味鎌之 塩津乎射而 水手船之 名者謂手師乎 不相將有八方
あぢかまの 鹽津を指して こぐ船の 名は告りてしを 逢わざらめやも

萬葉集1530_c0169176_08221335.jpeg
大船尒 葦荷茢積 四美見似裳 妹心尒 乗來鴨
大船に 葦荷刈り積み しみみにも 妹は心に 乗りにけるかも

by mteisi | 2019-10-20 08:22 | 萬葉集
詩経949
詩経949_c0169176_08211340.jpeg
小毖
予其懲 而毖後患      予其れ懲りたり 而して後患を毖む
莫予■(艹幷)蜂 自求蟄辛  予をヘイ蜂づる莫かれ 自ら辛蟄を求むるなり
肇允彼桃蟲 ■(扌弁)飛維鳥 肇は允に彼の桃蟲 ハンとして飛ぶは維れ鳥
未堪家多難 予又集于蓼   未だ家の多難に堪へず 予又蓼に集る

by mteisi | 2019-10-20 08:21 | 詩経