2019年 12月 17日 ( 4 )
朝歌12月17日
朝歌12月17日_c0169176_08054906.jpg
am7:11

朝歌12月17日_c0169176_08055406.jpeg
あまぐものかさねふかめてすみもんよう

朝歌12月17日_c0169176_08055881.jpeg
雨雲眺深墨溜文様 鼎

by mteisi | 2019-12-17 08:07 | 朝歌
のろ
のろ_c0169176_08051074.jpeg

クン あつめる・ひろう
形声
声符は■(鹿禾・くん)。
くん(のろ)は群衆を習性とするので集まる意となる。
字は珺とも作る。

by mteisi | 2019-12-17 08:05 | 語源で遊ぶ
萬葉集1586
萬葉集1586_c0169176_08040500.jpeg
正述心緒
我背子乎 且今々々跡 松居尒 夜更深去者 嘆靏鴨
我が背子を 今か今かと 待ち居るに 夜の更けゆけば 歎きつるかも
萬葉集1586_c0169176_08040904.jpeg
玉釼 巻宿許曾 夜之長毛 歡有倍吉
玉くしろ 巻き寝る妹も あらばこそ 夜の長けくも 歡しかるべき

by mteisi | 2019-12-17 08:04 | 萬葉集
詩経1004
詩経1004_c0169176_08030549.jpeg
邑翼翼 四方之極  商邑翼翼たり 四方の極
赫赫厥聲 濯濯厥霊  赫赫たる厥の聲 濯濯たる厥の霊
壽考且寧 以保我後生 壽考にして且寧く 以て我が後生を保んず

by mteisi | 2019-12-17 08:03 | 詩経