2020年 01月 06日 ( 4 )
朝歌1月6日
朝歌1月6日_c0169176_08175621.jpg
am7:18

朝歌1月6日_c0169176_08180290.jpeg
あけあかのほんのりそめてあおやわぎ

朝歌1月6日_c0169176_08180595.jpeg
明赤微染青様和暢 鼎

by mteisi | 2020-01-06 08:20 | 語源で遊ぶ
詣_c0169176_08165787.jpeg
ケイ まいる・いたる
形声
声符は旨(けい)。
旨は詣(けい)の初文で、
祝禱する祝詞を収めた器の形である。
曰に対して、
神霊の降下して詣(いた)ることを示し、
詣はその神霊を稽首して迎えることをいう。
なので行きて神を拝することを参詣という。

by mteisi | 2020-01-06 08:17 | 語源で遊ぶ
萬葉集1606
萬葉集1606_c0169176_08160235.jpeg
幾 不生有命乎 戀管曾 吾者氣衝 人尒不所知
いくばくも 生けらじ命を 戀日つゝぞ 吾は息づく 人に知らえず

萬葉集1606_c0169176_08160609.jpeg
他國尒 結婚尒行而 大刀之緒毛 未解者 左夜曾明家流
他國に 結婚に行きて 大刀が緒も いまだ解かねば さ夜ぞ明けにける

by mteisi | 2020-01-06 08:16 | 萬葉集
蘇東坡19
蘇東坡19_c0169176_08015553.jpeg
但恐歳月去飄忽  但だ恐る歳月去ること飄忽なるを
寒燈相對記疇昔  寒燈に相對せし疇昔を記す
夜雨何時聽蕭瑟  夜雨何れの時にか蕭瑟を聽かん
君知此意不可忘  君此の意の忘るべからざるを知らば
愼勿苦愛髙官職  愼んで髙き官職を苦しく愛すること勿れ

by mteisi | 2020-01-06 08:02 | 蘇東坡