2020年 01月 07日 ( 4 )
朝歌1月7日
朝歌1月7日_c0169176_08015429.jpg
am7:28

朝歌1月7日_c0169176_08020054.jpeg
てつこんをまぜたくろくもそらうかべ

朝歌1月7日_c0169176_08020373.jpeg
鉄紺黒容雲塊充天 鼎

by mteisi | 2020-01-07 08:03 | 朝歌
睽_c0169176_08010172.jpeg
ケイ・キ そむく
形声
声符は癸。
癸は物を立てる台座の柎足として、
×形に組んだ木の形で、
相そむくものの意がある。

by mteisi | 2020-01-07 08:01 | 語源で遊ぶ
萬葉集1607
萬葉集1607_c0169176_08000304.jpeg
大夫之 聰神毛 今昔無 戀之奴尒 吾者可死
ますらをの 聰き心も 今は無し 戀の奴に 吾は死ぬべし

萬葉集1607_c0169176_08000760.jpeg
常如是 戀者辛苦 暫毛 心安目六 事計爲与
常かくし 戀ふれば苦し 暫くも 心安めむ 事計せよ

by mteisi | 2020-01-07 08:00 | 萬葉集
蘇東坡20
蘇東坡20_c0169176_07590045.jpeg
和子由澠池懐書  子由の「澠池に𦾔を懐ふ」に」和す

人生到處知何似  人生到る處知んぬ何にか似たる
應似飛鴻踏雪泥  應に飛鴻の雪泥を踏むに似たるべし
泥上偶然留指爪  泥上偶然指爪を留む
鴻飛那復計東西  鴻飛んで那ぞ復た東西を計らん
老僧已死成新塔  老僧は已に死して新らしき塔と成り
壞壁無由見𦾔題  壞壁𦾔題を見るに由無し
往日崎嶇還記否  往日の崎嶇還た記するや否や
路長人困蹇驢嘶  路長く人困しみ蹇驢嘶きしことを


by mteisi | 2020-01-07 07:59 | 蘇東坡