2020年 01月 31日 ( 4 )
朝歌1月31日
朝歌1月31日_c0169176_08010055.jpg
am7:10

朝歌1月31日_c0169176_08010628.jpeg
あめふくむしらねずはいねずくもかさね

朝歌1月31日_c0169176_08011088.jpeg
雨含灰鼠雲雲重重 鼎

by mteisi | 2020-01-31 08:02 | 朝歌
賢_c0169176_07593859.jpeg
ケン かしこい
会意
臣と又からなる。
臣は目の形。
目に又(手の形)を加えて、
その眼睛を破ることをいう。
臤は賢の初文。
眼睛を破る形にかかれるのは、
もと神への犠牲として、
捧げられるものであることを意味しよう。
臤が賢の初文であるのは、
神に捧げられた神瞽が神明のことに通じ、
賢者とされたからであろう。

by mteisi | 2020-01-31 08:00 | 語源で遊ぶ
萬葉集1631
萬葉集1631_c0169176_07583868.jpeg
夢 可登 情 斑 月數多 干西君之 事之通者
夢かと 心まとひぬ 月まねく 離れにし君が 言の通へば

萬葉集1631_c0169176_07585371.jpeg
未玉之 年月兼而 烏玉乃 夢尒所見 君之容儀者
あら玉の 年月かねて ぬが玉の 夢にぞ見ゆる 君が姿は

by mteisi | 2020-01-31 07:59 | 萬葉集
蘇東坡44
蘇東坡44_c0169176_07574409.jpeg
近者作堂名醉墨  近者堂を作りて醉墨と名づく
如飮美酒消百憂  美酒を飮んで百憂を消すが如し
病嗜土炭如珍羞  病めば土炭を嗜むこと珍羞の如くするを
君於此藝亦云至  君此の藝に於いて亦至れりと云ふ
堆墻敗筆如山邱  墻に堆き敗筆は山邱の如し
興來一揮百紙盡  興來って一たび揮へば百紙も盡く
駿馬倏忽踏九州  駿馬倏忽九州を踏む

by mteisi | 2020-01-31 07:58 | 蘇東坡