2020年 02月 02日 ( 4 )
朝歌2月2日
朝歌2月2日_c0169176_08082561.jpg
am7:20

朝歌2月2日_c0169176_08083122.jpeg
うすぞらのあけをさえずるとりのまい

朝歌2月2日_c0169176_08083432.jpeg
薄空明知鳥舞囀鳴 鼎

by mteisi | 2020-02-02 08:10 | 朝歌
元_c0169176_08050352.jpeg
ゲン・ガン かしら・もと・はじめ
象形
人の首の部分を丸く大きな形で示し、
その下に人の側身形を加えた形。
首の意。
元首という。

by mteisi | 2020-02-02 08:07 | 語源で遊ぶ
萬葉集1633
萬葉集1633_c0169176_08040218.jpeg
現者 言絶有 夢谷 嗣而所見与 直相左右二
現には 言も絶えたり 夢にだに 繼ぎて見えこそ 直に逢ふまでに

萬葉集1633_c0169176_08040688.jpeg
虚蟬之 常辞登 雖念 繼而之聞者 心遮焉
うつせみの 常の言葉と 思へども 續ぎてし聞けば 心なとひぬ

by mteisi | 2020-02-02 08:04 | 萬葉集
蘇東坡46
蘇東坡46_c0169176_07504120.jpeg
頴州初別子由  頴州にて初めて子由に別れる
近別不改容  近き別れは容を改めず
遠別涕霑胸  遠き別れは涕胸を霑す
咫尺不相見  咫尺にして相見ざるは
實與千里同  實は千里と同じ
人生無離別  人生に離別無くんば
誰知恩愛重  誰か恩愛の重きを知らん
始我來宛邱  始め我宛邱に來たりしとき
牽衣舞兒童  衣を牽きて兒童舞ふ
便知有此恨  便ち知らん此の恨み有るを
留我過秋風  我を留めて秋風を過さしむ

by mteisi | 2020-02-02 08:03 | 蘇東坡