カテゴリ:語源で遊ぶ( 2275 )
c0169176_07472351.jpg
■(女感)嬬等尒 行相乃速稻乎 茢時 成來下 芽子花咲
をとめらに 行逢ひの早稻を 刈る時に なりにけらしも 萩の花咲く

by mteisi | 2018-11-18 07:47 | 語源で遊ぶ
c0169176_07371658.jpeg
キュウ およぶ
会意
人と又(手の形)からなる。
後から手を伸ばして前の人に及ぶ形。

by mteisi | 2018-11-17 07:37 | 語源で遊ぶ
c0169176_07573259.jpeg
ギャク・ゲキ むかえる・さからう
形声
声符は屰。
屰は向こうから来る人の形で、
足を広げて逆立つ人の形。
それで逆の意とむかえる意とがうまれる。

by mteisi | 2018-11-16 07:57 | 語源で遊ぶ
c0169176_07461251.jpeg
セイ・ジョウ しずか・やすらか・しずめる
会意
旧字は靜に作り、
青と争からなる。
青は青丹。
争はこの字の場合は、
力(耒耜の形)を上下より手でもつ形で、
耜を青色の顔料で清め祓う儀礼をいう。
豊穣を祈り、
虫害を避ける予祝の意味を持つもので、
清め靖んずる意がある。 

by mteisi | 2018-11-15 07:46 | 語源で遊ぶ
c0169176_07430552.jpeg
ブ・ム たけし・つよい・もののふ・あしあと
会意
戈と止からなる。
止は足あとの形で、
歩の上部の形。
戈を取って前進することをいう。

by mteisi | 2018-11-14 07:45 | 語源で遊ぶ
c0169176_07220452.jpeg
シュ とる・めとる
会意
耳と又からなる。
耳を取るのは■(耳或・カク)耳の意。
戦場で討ち取った敵の左耳を切り取る意。
その数によって戦功を数える。
耳を取り集めることを最といい。
また撮ともいう。

by mteisi | 2018-11-13 07:22 | 語源で遊ぶ
c0169176_08062907.jpeg
シュ ひ・あるじ・つかさ・おもに
象形
灯火の火主の形。
上部の小点が火主の形、
下部は鐙(あぶらざら)の形。

by mteisi | 2018-11-12 08:06 | 語源で遊ぶ
c0169176_07470292.jpeg
ダ やすらか・おだやか
会意
爪と女からなる。
女の上から手(爪)を加えて、
綏んずる形。

by mteisi | 2018-11-11 07:47 | 語源で遊ぶ
c0169176_07321715.jpeg
カン・セン・ゲン かえる・めぐる
形声
声符は睘。
睘は死葬のとき、
死者の復活を願って、
玉を死者の衣の襟もとにおき、
上に生命の象徴としての目をかく形で、
還帰の意を願う儀礼。

by mteisi | 2018-11-10 07:32 | 語源で遊ぶ
c0169176_07432146.jpeg
キョウ つつしむ
会意
龍と廾からなる。
廾は左右の手を並べた形。
龍形のものを両手で奉持する形で、
古代にそのような呪儀があったものと思われる。

by mteisi | 2018-11-09 07:43 | 語源で遊ぶ