カテゴリ:語源で遊ぶ( 2676 )
献_c0169176_08171240.jpeg
ケン・コン たてまつる・ささげる
会意
旧字は獻につくり、
ケンと犬からなる。
献は献器を原義とする字で、
犬はその器を釁するための犠牲に用いたものであろう。

by mteisi | 2020-01-28 08:26 | 語源で遊ぶ
牽_c0169176_09192178.jpg
ケン ひく
会意
牛と玄からなる。
玄は牛を牽く縻(つな)の形。
牛鼻に施す縄で、
鼻箝である。

by mteisi | 2020-01-27 09:19 | 語源で遊ぶ
虔_c0169176_07471948.jpeg
ケン つつしむ
会意
虍と文からなる。
虍は虎。
虎文をいう字であろうが、
それには別に彪の字があり、
この虔は虎皮に文を加えたものであろう。

by mteisi | 2020-01-26 07:47 | 語源で遊ぶ
剣_c0169176_09351534.jpeg
ケン つるぎ
形声
僉(せん)声。
僉に檢(けん)儉(けん)の声がる。

by mteisi | 2020-01-25 09:35 | 語源で遊ぶ
賢_c0169176_14085099.jpeg
ケン かしこい
会意
臣と又からなる。
臣は目の形。
目に又(手の形)を加えて、
その眼睛を破ることをいう。
臤は賢の初文。
眼睛を破る形にかかれるのは、
もと神への犠牲として、
捧げられるものであることを意味しよう。
臤が賢の初文であるのは、
神に捧げられた神瞽が神明のことに通じ、
賢者とされたからであろう。

by mteisi | 2020-01-24 14:20 | 語源で遊ぶ
県_c0169176_07494270.jpeg
ケン かける・くに
会意
旧字は縣に作り、
キョウと系からなる。
キョウは首を倒(さかさま)にして縣けた形。
系はそれを木の枝などに繫ける紐。
懸は縣首の形。

by mteisi | 2020-01-23 07:49 | 語源で遊ぶ
建_c0169176_08062361.jpeg
ケン・コン たてる
会意
聿(いつ)と廴(いん)からなる。
廴は儀礼を行う中廷の牆壁の形。
その中廷に聿(筆)を立てて、
方位や地相を卜し、
また宮廟を建てるときは、
その地を定めること。

by mteisi | 2020-01-22 08:06 | 語源で遊ぶ
見_c0169176_08104418.jpeg
ケン・ゲン みる・あらわれる
象形
目を主とした人の形。
望見を望といい、
跪いて視るを見という。
見るという行為は、
対者に向って霊的な交渉をもつことを意味する。

by mteisi | 2020-01-21 08:10 | 語源で遊ぶ
犬_c0169176_08255673.jpeg
ケン いぬ
象形
犬の形。

by mteisi | 2020-01-20 08:26 | 語源で遊ぶ
欠_c0169176_07511712.jpeg
ケン・ケツ あくび・かける
象形
前に向かって口を開いて立っている人の側身形。
口気を発し、ことばをいい、歌い、叫ぶときの形。
この字は欠伸(あくびとせのび)の意に用いる。 

by mteisi | 2020-01-18 07:51 | 語源で遊ぶ