カテゴリ:新古今和歌集( 386 )
俊成
c0169176_07461508.jpg

日吉社によみてたてまつろいけるを、子日の歌

 皇太后宮俊成

さざ波やしがのはま松老にけりたが世にひける子日なるらむ


by mteisi | 2014-08-18 07:46 | 新古今和歌集
俊成
c0169176_07492432.jpg

述懷百首よみ侍りけるに、若菜

 皇太后宮俊成

澤におふる若菜ならねどいたづらに年をつむにも袖はぬれけり


出世しない自分を歎いている二十七歳の歌。

このころ西行も出家している。


by mteisi | 2014-08-17 07:49 | 新古今和歌集
紀貫之
c0169176_08361351.jpg

延喜御時の屏風に

 紀貫之

ゆきてみぬ人もしのべと春のののかたみにつめるわかななりけり


by mteisi | 2014-08-16 08:36 | 新古今和歌集
前参議教長
c0169176_08263271.jpg

崇徳院に百首歌奉りける時、春の歌

 前参議教長

わかなつむ袖とぞみゆるかすが野の飛火の野べの雪のむらぎえ


本歌 古今集春上 貫之

春日野の若菜つみにや白妙の袖ふりはへて人のゆくらむ

 同 よみ人しらず

春日野の飛火の野守出でて見よ今幾日ありて若菜つみてむ


by mteisi | 2014-08-15 08:27 | 新古今和歌集
壬生忠見
c0169176_10271883.jpg

天暦御時屏風歌

 壬生忠見

春日野の草はみどりになりにけりわかなつまむと誰かしめけん


by mteisi | 2014-08-14 10:27 | 新古今和歌集
山邊赤人
c0169176_17100836.jpg

題しらず

 山邊赤人

あすからは若菜つまむとしめし野に昨日もけふも雪はふりつつ


by mteisi | 2014-08-13 17:10 | 新古今和歌集
権中納言國信
c0169176_14525593.jpg

堀川院御時、百首歌たてまつりけるに、のこりの雪の心をよみ侍りける

 権中納言國信

春日野の下もえわたる草のうへにつれなく見ゆる春の淡雪


by mteisi | 2014-08-12 14:53 | 新古今和歌集
よみ人しらず
c0169176_08164237.jpg

題しらず

 よみ人しらず

時はいま春になりぬとみ雪ゆるとをき山べに霞たなびく


よみ人しらずとあるが万葉集巻八、

中臣武良自の歌である。


by mteisi | 2014-08-11 08:17 | 新古今和歌集
よみ人しらず
c0169176_07504550.jpg

 よみ人しらず

風まぜに雪はふりつつしかすがに霞たなびき春は來にけり


万葉集巻十 作者不詳

「風まじり雪はふりつつしかすがに霞たなびき春さりにけり」を少しかえたもの。「春さり」は春来りと同意味。


by mteisi | 2014-08-10 07:55 | 新古今和歌集
西行法師
c0169176_08434974.jpg

題しらず

 西行法師

岩まとぢしこほりも今朝はとけそめて苔の下水みちもとむらむ


by mteisi | 2014-08-09 08:44 | 新古今和歌集