カテゴリ:詩経( 650 )
詩経681
c0169176_08144870.jpeg
其在于今 興迷亂于政 其れ今に在りて 興りて政に迷亂し
顚覆厥徳 荒湛于酒  厥の徳を顚覆し 酒に荒湛す
女雖湛樂從 弗念厥紹 女湛樂して從ふと雖も 厥の紹を念はざらんや
罔敷求先王 克共明刑 敷く先王に求めて 克く明刑を共ること罔からんや

by mteisi | 2019-06-26 08:26 | 詩経
詩経680
c0169176_07054207.jpeg
無競維人 四方其訓之 競きこと無からんか維れ人 四方其れ之に訓ふ
有覺徳行 四國順之  覺たる徳行有り 四國之に順ふ
訐謨定命 遠猶辰告  訐謨命を定め 遠猶辰に告ぐ
敬愼威儀 維民之則  威儀を敬愼し 維れ民の則

by mteisi | 2019-06-25 07:14 | 詩経
詩経678
c0169176_07251104.jpeg
文王曰咨 咨女殷商  文王曰く咨 咨女殷商
人亦有言 顚沛之掲  人亦言ふ有り 顚沛の掲たる
枝葉未有害 本實先撥 枝葉未だ害有らざるも 本實に先づ撥す
殷鑒不遠 在夏后之世 殷鑒遠からず 夏后の世に在り

by mteisi | 2019-06-20 07:25 | 詩経
詩経677
c0169176_07185790.jpeg
文王曰咨 咨女殷商  文王曰く咨 咨女殷商
匪上帝不時 殷不用𦾔 上帝時ならざるに匪ず 殷𦾔を用ひず
雖無老成人 尚有典形 老成人無しと雖も 尚は典形有り
曾是莫聽 大命以傾  曾て是れ聽く莫し 大命以て傾く

by mteisi | 2019-06-19 07:19 | 詩経
詩経676
c0169176_07500878.jpeg
文王曰咨 咨女殷商     文王曰く咨 咨女殷商
如蜩如■(虫唐) 如沸如羹   蜩の如トウの如く 沸の如羹の如く
小大近喪 人尚乎由行    小大喪ぶるに近し 人尚ほ由って行ふ
内(三罒大)于中國 覃及鬼方  内中國にいかり 覃て鬼方に及ぶ

by mteisi | 2019-06-18 08:03 | 詩経
詩経675
c0169176_07371729.jpeg
文王曰咨 咨女殷商    文王曰く咨 咨女殷商
天不湎爾以酒 不義從式  天不湎爾以酒 不義從式 
既愆爾止 靡明靡晦    既に爾の止を愆り 明靡く晦靡く
式號式呼 俾晝作夜    式て號し式て呼す 晝をして夜と作さしむ

by mteisi | 2019-06-08 07:42 | 詩経
詩経674
c0169176_07244536.jpeg
文王曰咨 咨女殷商       文王曰く咨 咨女殷商
女■(包灬)烋于中國 斂怨以爲徳  女中國にホウ烋す 怨を斂めて以て徳を爲す
不明爾徳 時無背無側      爾の徳を明にせざるは 時れ背無く側無きなり
爾徳不明 以無陪無卿      爾の徳明ならざるは 以れ陪無く卿無きなり

by mteisi | 2019-06-03 07:42 | 詩経
詩経673
c0169176_07293922.jpeg
文王曰咨 咨女殷商  文王曰く咨 咨女殷商
而秉義類 疆禦多懟  而義類を秉れ 疆禦なれば懟多し
流言以對 侯攘式内  流言以て對し 侯攘式で内る
侯作侯祝 靡届靡究  侯れ作し侯れ祝し 届る靡く究まる靡し

by mteisi | 2019-06-02 07:39 | 詩経
詩経672
c0169176_07324028.jpeg
文王曰咨 咨女殷商  文王曰く咨 咨女殷商
曾是疆禦 曾是ホウ克 曾ち是れ疆禦 曾ち是れホウ克
曾是在位 曾是在服  曾ち是れ位に在り 曾ち是れ服に在り
天降滔徳 女興是力  天滔徳を降す 女興して是れ力む

by mteisi | 2019-06-01 07:33 | 詩経
詩経671
c0169176_07274753.jpeg
蕩之什
蕩蕩上帝 下民之辟  蕩蕩たる上帝は 下民の辟
疾威上帝 其命多辟  疾威なる上帝 其の命辟多し
天生烝民 其命匪諶  天烝民を生ず 其の命諶に匪ず
靡不有初 鮮克有終  初有らざる靡し 克く終有る鮮し

by mteisi | 2019-05-31 07:28 | 詩経