カテゴリ:詩経( 480 )
詩経497
c0169176_07345405.jpeg
蔦與女羅 施干松柏  蔦と女羅と 松柏に施く
未見君子 憂心奕奕  未だ君子を見ざれば 憂心奕奕たり
既見君子 庶幾説懌  既に君子を見れば 庶幾くは説懌せむ

by mteisi | 2018-12-14 07:35 | 詩経
萬葉集1239
c0169176_07390580.jpeg
上瀬尒 河津妻呼 暮去者 衣手寒三 妻將枕跡香
上つ瀬に かはづ妻呼ぶ 夕されば 衣手寒み 妻枕かむとか

c0169176_07390847.jpeg
詠鳥
妹手呼 取石池之 浪間從 鳥音異鳴 秋過良之
妹が手を 取石の池の 浪の間ゆ 鳥が音けに鳴く 秋過ぎぬらし



by mteisi | 2018-12-13 07:39 | 詩経
詩経496
c0169176_07381402.jpeg
頍弁
有頍者弁 實維伊何  頍たる有る者は弁 實に維れ伊れ何ぞ
爾酒既旨 爾殽既嘉  爾の酒既に旨く 爾の殽既に嘉し
豈伊異人 兄弟匪他  豈に伊れ異人ならんや 兄弟に他に匪ず


by mteisi | 2018-12-13 07:38 | 詩経
詩経495
c0169176_07422260.jpeg
乗馬在厩 摧之秣之  乗馬厩に在り 之を摧し之を秣す
君子萬年 福祿艾之  君子萬年 福祿之を艾ふ

乗馬在厩 秣之摧之  乗馬厩に在り 之を秣し之を摧す
君子萬年 福祿綏之  君子萬年 福祿之を綏ず

by mteisi | 2018-12-12 07:42 | 詩経
詩経494
c0169176_08063813.jpeg
鴛鴦
鴛鴦干飛 畢之羅之  鴛鴦干に飛ぶ 之を畢し之を羅す
君子萬年 福祿宜之  君子萬年 福祿之を宜くす

鴛鴦在梁 戢其左翼  鴛鴦粱に在り 其の左翼を戢む
君子萬年 宜其遐福  君子萬年 其の遐福を宜くす

by mteisi | 2018-12-11 08:07 | 詩経
詩経493
c0169176_07591785.jpeg
之屏之翰 百辟爲憲  之れ屏之れ翰 百辟憲と爲す
不戢不難 受福不那  戢めざらんや難とせざらんや 福を受くる那からざらんや

兕觥其■(角求) 旨酒思柔  兕觥其れキョウたり 旨酒柔を思ふ
彼交匪敖 萬福來求    彼の交り敖るに匪ず 萬福來り求む 

by mteisi | 2018-12-10 08:00 | 詩経
詩経492
c0169176_07415404.jpeg
桑扈
交交桑扈 有鶯其羽  交交たる桑扈は 鶯たる其の羽有り
君子樂胥 受天之祜  君子樂胥し 天の祜を受く

交交桑扈 有鶯其領  交交たる桑扈は 鶯たる其の領有り
君子樂胥 萬邦之屛  君子樂胥し 萬邦の屛

by mteisi | 2018-12-09 07:42 | 詩経
詩経491
c0169176_07492522.jpeg
瞻彼洛矣 維水泱泱  彼の洛を瞻れば 維れ水泱泱たり
君子至止 福祿既同  君子至る 福祿既に同る
君子萬年 保其家邦  君子萬年 其の家邦を保んず

by mteisi | 2018-12-08 07:50 | 詩経
詩経490
c0169176_07350489.jpeg
瞻彼洛矣 維水泱泱       彼の洛を瞻れば 維れ水泱泱たり
君子至止 ■(革畢)琫有■(王必)  君子至る ヘイ琫 ヒツたる有り
君子萬年 保其家室       君子萬年 其の家室を保んず


by mteisi | 2018-12-07 07:35 | 詩経
詩経489
c0169176_07375208.jpeg
瞻彼洛矣
瞻彼洛矣 維水泱泱       彼の洛を瞻れば 維れ水泱泱たり
君子至止 福祿如茨       君子至る 福祿茨の如し
■(韋末)■(韋台)有奭 以作六師  バイコウ奭有り 以て六師を作す

by mteisi | 2018-12-06 07:38 | 詩経