<   2019年 01月 ( 124 )   > この月の画像一覧
朝歌1月31日
c0169176_08103384.jpg
am7:31

c0169176_08103719.jpeg
あめふらすうすねずぐもにあかるさも

c0169176_08103904.jpeg
降雨薄雲揺鼠明奏 鼎

by mteisi | 2019-01-31 08:12 | 朝歌
c0169176_08050034.jpeg
ア・アク はふり・つぐ
象形
陵墓の墓室の平面形。
墓中の棺槨をおく室を玄室という。
その玄室の四隅をおとして、
入り込ませた平面形を亞という。

by mteisi | 2019-01-31 08:09
萬葉集1287
c0169176_08035074.jpeg
泊瀬風 如是吹三更者 及何時 衣片敷 吾一將宿
泊瀬風 かく吹くよひは いつまでか 衣片敷き 吾がひとりねむ

c0169176_08035319.jpeg
寄雨
秋芽子乎 令落長雨之 零比者 一起居而 戀夜曾大寸
秋萩を 散らす長雨の 零る頃は ひとり起き居て 戀ふる夜ぞ多き

by mteisi | 2019-01-31 08:04 | 萬葉集
詩経543
c0169176_08030063.jpeg
緜蠻
緜蠻黃鳥 止于丘阿  緜蠻たる黃鳥は 丘阿に止る
道之云遠 我勞如阿  道の云に遠き 我が勞如阿ぞや
飮之食之 敎之誨之  之に飮ましめ之に食はしめ 之に敎へ之に誨ふ
命彼後車 謂之載之  彼の後車に命じ 之に之を載せよと謂う

by mteisi | 2019-01-31 08:03 | 詩経
朝歌1月30日
c0169176_08032923.jpg
am7:30

c0169176_08033369.jpeg
はなやいでなおふかぶかしそらもよう

c0169176_08033541.jpeg
華美少深天空象形

by mteisi | 2019-01-30 08:05 | 朝歌
c0169176_08025362.jpeg
ケン つかわす・やる
形声
声符はケン(遣の旁)。
ケンは𠂤を両手で奉ずる形。
𠂤は軍行中に携帯する祭肉で、
軍社から受けてきた脤肉で、
軍を派遣し、
また分遣するとき、
これを奉じて行動する。
𠂤は師の初文。

by mteisi | 2019-01-30 08:03 | 語源で遊ぶ
萬葉集1286
c0169176_08020089.jpeg
露霜尒 衣袖所沾而 今谷毛 妹許行名 夜者雖深
露霜に ころもでぬれて 今だにも 妹がり行かな 夜は更けぬとも

c0169176_08020211.jpeg
秋芽子之 枝毛十尾尒 置露之 消毳死猨 戀乍不有者
秋萩の 枝もとををに 置く露の 消かもしなまし 戀ひつゝあらずは



by mteisi | 2019-01-30 08:02 | 萬葉集
詩経542
c0169176_08010418.jpeg
鴛鴦在梁 戢其左翼  鴛鴦梁に在り 其の左翼を戢む
之子無良 二三其徳  之の子良無し 其の徳を二三す

有扁斯石 履之卑兮    扁たる斯の石有り 之を履む卑し
之子之遠 俾我■(疒氏)兮 之の子の遠くる 我をしてヤましむ

by mteisi | 2019-01-30 08:01 | 詩経
朝歌1月29日
c0169176_08212519.jpg
am7:20

c0169176_08213189.jpeg
ちぎれくもわた(脱)なみひろくおよがして

c0169176_08213490.jpeg
千切雲波広大深彩 鼎

by mteisi | 2019-01-29 08:24 | 朝歌
c0169176_08204925.jpeg
ユウ さかだる
象形
もと瓠形の把手の付いた器の形。
酒器に用いる。


by mteisi | 2019-01-29 08:21 | 語源で遊ぶ